スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1945年から1998年までの核爆発

2012-02-24 (Fri) 23:59  
1945年から1998年までに地球上で起きた
核爆発の動画をみました。

人類史上初めての核爆弾の核爆発は
1945年7月16日、我が街からさほど遠くない 場所 で行われました。

2度目は広島、3度目は長崎への日本への投下。

4度目からは動画をご覧ください。



最初はアメリカメインの実験に続き、ソビエト連邦(現ロシア)、
1950年代にはイギリス、60年代にはフランスが行い
中国・インド、パキスタンと続いていきます。

この動画によると、行われた実験は全部で2053件。
内訳はアメリカ1032件、ソビエト715件、フランス210件
イギリス45件、中国45件、インド4件、パキスタンが2件のようです。

1990年代後半になると実験は時代の流れで激減していますが
1960年代は核実験が花火のように行われているのが見てとれます。

1963年以前は、大気圏内・宇宙空間・水中・地下とで実験が行われ
放射性降下物が広範囲に散布されていました。

地球はもうずいぶん前から痛めつけられています。
それでもこうして人間が生きてこられていることに
色々と考えさせられてしまった動画でありました

スポンサーサイト

空き巣犯が捕まりました

2012-01-18 (Wed) 23:59  
実家に入った空き巣犯が捕まりました。

東日本大震災から1ヶ月後の昨年4月に
母宅が空き巣 に狙われ、宝石関係200万円程が盗まれていたのですが
警察の捜査のおかげで、犯人がやっと逮捕されました。

犯人は捕まれども、想像通り盗品は全て売りさばかれてしまってたし
警察からの電話で、事件当時を振り返ることとなった母は
空き巣への恐怖心が蘇ってしまったようで、眠れない~というばかり。

2012_0118 夕刻
陸つながりだったらすぐにでも駆けつけるのになぁ

犯人は、年齢28歳男性で関西出身。
仙台市内で逮捕されました。

親に捨てられ孤児院で育った彼は、何百回もの空き巣で生計をたててたそうな。
インターホンに指紋がなく、母と遭遇したと同時に
反撃に出なかったからプロの犯行だとは思ってましたが・・・。

あとね、実家へは狙って入ったわけではなくて
たまたま家の前に車がなかったから侵入しただけとのこと。
執拗にインターホンを鳴らしていた理由がわかりますよね。

事件当時にも綴ったけれど
闇の世界で長く生き続けられる人はそんな多くはいない。
そして、両親の顔を知らず孤児院で育っても立派に生きてる人は沢山いる。

不幸な生い立ちを言い訳にして生きてるのは、子供と一緒。
大人っていうのは、悲しみや苦労を糧に考え成長していく生き物なんだ。

無用な悲しみを母に与えおって・・と思わずにはいられませんよ。

空き巣に入られたショック・生前父がプレゼントした宝石類を失った寂しさから
母は防犯への意識が高まり、様々な生い立ちの人がいると改めて感じている。

そんな母はね、盗まれた宝石を取り戻そうなんて思っちゃいませんよ。
同じ不幸は繰り返されてはならんと、母は努めて前を向いて生きてます。

自分がされてイヤな事は、他人にするな。
大事に思われたいなら、まずは自分が相手を大切にせよ。
世を憂う前に、自分がこれまでしてきたことを顧みよ。

社会はお前のためにあるんじゃない。
お前が社会のためにあるんだ。

やんちゃしてた時に父に一喝された言葉を思い出しました。

文句はストレス発散にはなれども、それだけじゃ問題の解決にはならない。
大事なのは変えようとする行動力。

自分が変わりたいと願う気持ちがあれば、時間はかかれども少しづつ
人はいくらでも、未来の自分を変えていくことができる。

逮捕された犯人が更正してくれることを願うばかりです。

大きな勘違い

2011-06-01 (Wed) 23:42  
リーダーシップがないあの人を例えようと言葉を探していた時に
日本を離れて2年な私は・・・

裸の王様」と「小山の大将」がゴチャ混ぜになり

彼は 裸の大将だからねー!

で、山下清さんにしてしまいました・・。
友達はポカン・・

「うん、そうだよねー、彼は裸の王様だからねー」のさりげないフォローでハッ・・。
そんな日もあるさー(苦笑)

あなたにあえてよかった

2011-05-24 (Tue) 23:59  
今日はバイクにまたがってみた。
またがるだけよ~(笑)

   2011_0524 Joe's Bike

お店のマネージャーのバイク。
2台あるうちの一つなんだけど、宝物なんだって。

お店には・・

私の書いた英文を、老眼鏡をかけながら読んでくれる人がいる。
発音が悪い私の英語に、真剣に耳を傾けてくれる人がいる。

もっと話したい。
一緒に笑いたい。
そして、これからも沢山のこと、教えてほしい。

今日はじーさんと相撞き。
ショット毎にアドバイスをくれて、何ともありがたい瞬間。

私の今の気持ち、あなたにどれだけ伝わっているのかわからないけれど
この街に来てよかった・・と思えている大きな存在です。

こんな懐の深い人に、私もいつかなりたいなって。

空き巣にやられました!

2011-04-18 (Mon) 22:16  
一人暮らしをしている母が、空き巣の被害にあいました。
被害総額はざっくりになりますが、宝石数点で200万程。

現金・通帳等への被害がなかったのは
母の帰宅に気付いた犯人が、お勝手から逃走したから
居直った犯人に何かされなかっただけ、マシだったと思うしかないよね。

父が亡くなって以来、防犯に関しては人一倍気を配ってた母でしたが
今回被害に遭った原因・スキ・そして今後の防犯対策を考えないとです。

実家は、大通りから30m程入った住宅地、中学校の通学路もあり
人の流れはそこそこ賑やかなエリアになります。
ご近所付き合いも良く、近隣の目は多いほうなんです。

その日は(日本時間で4/17のお昼頃)姉の家族が昼食を食べに来てて
彼等が帰った後、近所のスーパーへ出かけた30分の間にやられました。

犯人は、20~30代の男性・日本人
ヤツは母が外出した直後、インターホンを1度鳴らしました。

その7~8分後、再びインターホン。

さらに10分後、またまたインターホン。
(その様子はカメラに撮影され、人相もはっきり映った映像は警察にお渡し済み)

実家に誰も居ないことを確認した犯人は
サンルームにある窓を割り鍵を開け、室内へ。

犯行から約8分後に母が帰宅すると、玄関と反対側にある台所のお勝手から
犯人が逃走していった・・・とのこと。

   2011_0418 空き巣 ほぼ統計通りの犯行でした。

犯人の進入経路となったサンルームの窓、襖並に大きいモノなの。
なので出入り不可にし、普段はその窓際に大きな花のスタンドを数台並べてたけど
相次ぐ地震で窓ガラスが破損しないよう、そのスタンドをどかしていたとのこと。

これが空き巣狙いの目に留まった一つの原因になったと思う。
サンルームは奥ばった場所ではなく玄関横にありますが
ガラスを割る→進入だけなら、短時間で可能でしょうから。

フラワースタンドをどける手間がないことを計算できてた事を思えば
もしかすると、前々から目をつけられていたとも思えてきますし
それが犯行を躊躇させていたことでもあるわけだ。

男物の洗濯物が干されることもないから
未亡人の一人暮らしの自宅なんだって目にも留まったんでしょう。
犯人は事前に下見をしているとは聞くけれど、それはホントだと思った。

事件後姉がすぐに戻り、ただちに防犯フィルムを窓ガラスに貼り
壊された窓も今日修理されたと聞いて、少々ほっとはしましたが
犯人がまたやってくる可能性もあるので、センサーライト等の
防犯グッツの取り付けもしていこうねと、母と話しています。

空き巣というブルーネタの最後に、毒吐いて申し訳ないですけど・・・

弱い者にしか強く出られなかったり、人の足を引っ張って生きた人間には
畳の上で死んでもらいたくはない!と思える程に、大嫌いです。

陰の世界で生きるのは結構。
でもね、「陰」の世界で長く居続けられる人はそんな多くはないんだよ。

中途半端な「陰」はこちらにとっちゃ「迷惑」でしかないんだ。
全うに生きてる殆どの人達にとってはね。

お金が盗まれたなら諦めもつくけど
亡き父が生前母に贈った思い出の品を奪ったってこと、気付いてる?
それは知ってのことだよね、だって仏壇見てるんだからさ-。

言いたいことをまんま綴ってしまったことをお許し下さい。

卒業かかったファイナルテストを控え、バッタバタな毎日ですが
そんな時だからこそ、良い成績で卒業しちゃうもんね~私♪

つーかさ、そんなアホなハッタリでもかまさないと
日本と離れて悶々してる今、自分の気持ちが乗ってこないのです。
やっぱり私って マゾ だと思います(笑)

今は、一日も早く犯人が捕まることを願うばかり。
震災で治安も悪くなっていると、ネットで見ていますし
皆様の防犯意識への関心にも繋がってもらえれば幸いです。

日本が大好きだ!

2011-04-10 (Sun) 23:26  
今日は、久しぶりに毒を吐くことをお許しください。

震災が起きてからまるまる一ヶ月が過ぎた今でも襲う
突然の大きな余震、そして原発関連と
未だに学校・お店の方達から「大丈夫?」とお見舞いの言葉を頂いてます。

それは余震以外にも、CNNはじめABC等のニュース番組や
動画サイトやブログでの日本政府や東電への論評の影響もあります。

今まで体験したことがない天災と原発事故。
復興・復旧に対してなかなか決断をしない日本政府と
信頼できる情報を公表しているのか?という東電への非難が高ぶってます。

そこで私は今、こんな風に感じてる。
それは例えて言うなら・・

うちの旦那は気が利かないのよ」と私が言うのは構わないけど
お宅の旦那、気が利かないね」って他人から言われると、あん?(怒)って(笑)

私は、これまで時間をかけて日本が築いてきた
日本人としての誇りや信頼を傷つけたくないのです。
だから、それを説明するのも自分の役割だと感じてます。



続きを読む »

未来日記

2011-04-03 (Sun) 23:54  
最後の学期が残すところあと一ヶ月!

あともうちょっとだ~!という気の緩みと
どひゃーやってらんねぇ~という苦戦に挑んでおります。

   シカゴ空港
たま~の旅行は気分転換になってます!

学期最後の、このラストスパートが毎回キツイんだけど
これで終わりなんだからやれるだけ頑張らないとだ。

考えることも増えたよなぁ。

学校卒業後の次の目標。
来年予定している帰国後の生活に向けて。
主人が定年を迎えた後の定住地をどこにするか?

転勤族で修学旅行のような人生を過ごす中で
出会った人や街、そこで自分が経験したことやアイディアから
色んな未来を想像できるのは面白い。

まぁそこまで頑張って長生きしろよ~自分!ですけど(笑)

学校を卒業したらスペイン語の勉強しますよ。
ここでしかできないことだからね。(でもスペイン人には通じないらしいけど 涙)

帰国後は、日本のどこに住むのかはまだわからないけど
震災のあったエリアを旅しては復興のお役に立ちたいと思うし
こちらで知り合った人達とも上手に付き合っていきたいな。

定年を迎えた後、これまたどこに住むのかはわからないけれど
これまで出来なかった、壁に絵を飾ったりわんこを飼ったり
お気に入りの家具を買うという、究極の楽しみを味わってみたいよ。

・・・貯金もしないといけませんねぇ

人生はなかなか思い通りには参りませんが
思い描くイラストに近づけるよう常に意識はしとかないとね。
結果も大事だけど、その課程が教えてくれることは大きいからさ

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。