スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海を越えて日本に届いた千羽鶴

2012-02-14 (Tue) 23:59  
東日本大震災からもうすぐ1年を迎えるこの時期に
海を越え、千羽鶴が日本へ届いたとの連絡が入り心がほんわかとなりました。

千羽鶴が届いたのは、八戸市内にある 大久喜小学校
校長先生からご丁寧なご連絡を頂いたことにただただ感動しております。

昨年春に、千羽鶴プロジェクトを立ち上げたブランカさんのお手伝いをして
市内の学校を巡っていました。

2012_0214 千羽鶴
遠く離れた日本の人々を案じて鶴を折ってくれた生徒さん達。

ブログ でもその話を綴ってきましたが
出来上がった鶴をどこに送るのか?で終わってしまっていました。

今日はその続きの話からになります。

ブランカさんは当初、被害の大きかった学校へ鶴を送りたかったですが
現地学校側の受け入れも大変という事実を知り
ヒューストンにある日本領事館に連絡をとり、そこへ一旦鶴を送っていました。
それが2011年8月末のこと。

領事館からは「一時こちらで展示をして時期をみて被災地に送る」との回答で
もしかするとこの鶴は、日本には届かないかもしれないなぁと思ってたの。
というのも領事館はそういう配送は一切しないのが通例ですから。

それが今年に入り、動き出しました。

領事館が日本に連絡をして受け入れ先を探して下さったようで
そこで名乗り出て下さったのが大久喜小学校の皆さんでした。

私が子供達に伝えたいのは、世界は広いということ。

自分の視野にはない地球の裏側だろうが、案じている方達が大勢います。
ネットやメディアの普及でボーダーレスな時代となった今
日本の震災に心を痛めいたわって下さる人々が沢山いらっしゃいます。

そのことを知ってもらいたい。
そこから無限大な未来への一歩を踏み出して欲しい。
そんな思いもありました。

震災からもうすぐ1年を迎えますね。
被災地の方達にとっては長い毎日の連続だったことと思います。

私は渡米中ゆえ、これまで何もできなかったので
帰国したらできることは色々お手伝いできたらなと思っています。

最後に・・・

こんな動画を見つけたのでご紹介させて下さいね。


Arigato from Japan Earthquake Victims.

こんなメッセージを配信できる日本人の心にも感動でした。

英語表記が入っているので、みんなに見てもらっています。
帽子を脱いで挨拶するあたりの礼儀に、日本人らしさがにじみ出てる。
それだけで涙が出そうになっちゃうな。

スポンサーサイト

千羽鶴が完成して観たくなった動画・九州新幹線開通!

2011-07-29 (Fri) 23:59  
今日、やーっと千羽鶴ができあがったよー!

大きい鶴からチビッコ鶴まで
色もデザインも大きさも多種多様で
移民国家のアメリカらしい (-´∀`-)

   2011_0729 千羽鶴
不恰好なのはご愛敬ってコトで(笑)

子供達と学校の写真をあしらった手紙。
我が街を紹介するレターとメッセージを綴り
それを添付して日本に送ります。

で、どこの学校に送る?ってブランカさんと話しを進めてたんだけど
ブランカさんの日本在住のお友達の紹介で
石巻市の教育委員会にお伺いすることになって
只今お返事待ちの状態です。

5月の学校卒業から進めていたプロジェクトもゴールは目前。
被災された方のことを思えばそれは短いスパンな訳で
日々復興で頑張っている方達の大変さを想像したよ。

離れているけど日本の復興を願う人達が
この広い世界に沢山いること、知って欲しいなって思います。

そうそう、千羽鶴が完成した今日
思い出した一つの動画があったんだ。

それが、九州新幹線全線開通のCM。

  

フフフ、九州大好きだからねー私。

日本の技術の結晶ともいえる新幹線とのどかな風景。
その開通を祝う人達の姿に、あぁこれが日本だよなあって。
映像に残らない沢山の人達の姿も容易に想像できるよ。

千羽鶴が完成した今日、また観たいなって思えたのがこの動画。
みんなの嬉しい気持ちが伝わってくるんだなぁ。
元気な日本、東北にもきっとやってくる。

頑張ろう、日本!


どの学校へ送りましょうか

2011-07-22 (Fri) 23:59  
東日本大震災の被害に遭われた方への
千羽鶴プロジェクトで、アメリカの子供達が折ってくれた
鶴をつなげる作業に追われています。

上手にできてるのが多い中、こんな鶴も多くって・・・

2011_0722 折り鶴
しっぽと頭が微妙に外向き。

これだとしっぽや頭が重ならないから
ちょっと手直ししながらつなげたりしてるんだけど
それって良くないかもなーって思ったりしたの。

見かけのきれいさよりも
不器用でもそのままで送った方が気持ち、伝わると思い
以来、手直しはせずにつなげています。

なーんでこんな鶴ができたんだろって思ったら
千羽鶴用の鶴ではなく、単体の鶴の折り方でこんな折り方を
UPしているサイトがあって、それでかー!と納得。

もうすぐ1000羽が出来上がります。
もらって困りがちな千羽鶴だけど(!)気持ちだからね。

折り紙なんてしたことない子供達が作ってくれたんだもの。
さぁ、日本のどの学校へ送ろうかを考えなくては・・です。

こんなおばあちゃんになりたい

2011-06-14 (Tue) 23:59  
※この記事はタイマー投稿です。

話はちょこっと古くなりますが、6/3は
千羽鶴プロジェクトを一緒にしているブランカさんの81歳のお誕生日で、
この日はHughey Elementary Schoolへ出掛けてきました。

今日はブランカさんのお誕生日だったので
メインモデルは彼女にお願いすることに

学校に着いて「ポーズ取って下さい」の声でパチリ。
   2011_0603 Blanca1
日本のみなさん、はじめまして!ブランカです

   2011_0603 Hughey school1

この小学校の生徒さんが作ってくれた鶴は糸で結ばれ
ガラスウィンドウの中に飾られていましたよ。

   2011_0603 Hughey school2

鶴を折ってくれた生徒さん達。

そして、その指導をして下さった先生(右)とブランカさん(左)

   2011_0603 Hughey school3

鶴と鶴の間には細長いビーズが施され
一番下になる部分には、抜けないようにと大きなまん丸なビーズがあったのね。

とてもよく出来た千羽鶴で、お話を伺ったところ
以前、日本に住んでいた方が折り方・結び方を教えてくれたそうな。

   2011_0603 Blanca2
そんな綺麗な千羽鶴を抱えるブランカさん♪
まるで81歳のお誕生日プレゼントのような笑顔がキラキラです^^

ブランカさん、81歳を迎えたのですが
素敵に年齢を重ねている方で、こんなおばあちゃんになりたいよ~私

ハイウェイもガンガンに運転するし
パソコンもバリバリに使いこなしてるし
お友達も沢山いらっしゃるし
料理すると食材をあますからと、外食またはチンチンごはんなのーって
スーパーおばあちゃんなんだもの!(笑)

高齢の一人暮らしに悲壮感を全く漂わせないんだ。(というか、ない!)
食後のメイク直し(紅をさすだけだけどね)を忘れないトコには
幾つになっても女性らしさを忘れていない人だなって。

私は80歳まで生きる自信はないけれど
こんな風に人生を前向きに楽しんで、年齢の枠にはまらず
自分らしく生きていきたいなぁ。

私もこんな81歳を目指してみたいなと思っていますが
まずは目指せ50歳! から頑張ってみましょかね

折り鶴、上手にできてますよ 【其の二】

2011-05-20 (Fri) 23:59  
昨日 に引き続き、「日本へ送ろう!千羽鶴プロジェクト」で
ブランカさんと訪問した小学校は、こちら↓のミドルスクール。

   2011_0520 Brown Middle School1

ここでも、アートの時間を利用して、約500羽程の鶴を
2つのクラスで作ってくれたそうです。

一つ目のクラスの子供達↓。

   2011_0520 Brown Middle School2
ゆっくりお話ができなかったのでちょっと緊張気味・・・。


二つ目のクラスの子供達とは、15分程お話ができたせいか
写真を撮りますよ~と声をかけたら

ズン・ ズン♪ と近寄ってきてくれて
画面一杯一杯に、子供・子供・子供さーん!

   2011_0520 Brown Middle School3
サングラスかけてくれた子もいます(笑)

日本でいう6年生にあたる子供達が、鶴を折ってくれていて
津波で学校や家族を失った、君達と同じ年頃の子供が
被災地にはたくさんいて、この鶴はそんな子供達に
勇気とパワーになります・・って伝えてます。

この鶴を日本のどの街の小学校に送るかは
まだ決めかねていますが、お手元に届いた方達に
こんな背景があって作られた鶴だということ、知ってもらいたいな。

○追伸○
余談ですけど、子供の英語だろうがわかんない時はわからんです

わからない時は「ごめん、もう一回!」とお願いをしてね
子供も「OK」とまた話してくれるんだけど
それでも意味不明で、無言で見つめ合ったりしてさ(苦笑)

そんな沈黙は、42歳の大の大人にとって「ややや・・・」な心境にさせ
三回目をお願いしようかどうか迷ってるときに

ネバーマイン・・don’t(_ _。))ヾ(・・*)mine☆★ 

って言われて、クチョーッ!(爆)
子供に言われるのは・・・やっぱり・・ぐやじぃ~

あれ、もしかしてみんなもそう思ってる?
wool、ネバーマインって(笑)


折り鶴、上手にできてますよ 【其の一】

2011-05-19 (Thu) 23:59  
今日は例の「日本へ送ろう!千羽鶴プロジェクト」で
ブランカさんと一緒に、小学校を2校訪問してきました。

1校目はこちらのミドルスクール。

   2011_0519 学校訪問1
比較的裕福なエリアにある学校で
休み時間になるとあちこちにセキュリティや先生が
立っていたのが印象的。とにかくガードが凄い!

   2011_0519 学校訪問2
アートの先生と子供達。
今回の折り鶴はアートの授業の一環で折って下さったそうです。

2校目はダウンタウンにあるこちらの学校へ。

   2011_0519 学校訪問3
貧困層が住むエリアで、先ほどの学校とは雰囲気が違って怖かった~

こちらが先生と生徒さんなんですが、素直で屈託ない笑顔。

   2011_0519 学校訪問4
はにかむ子供達とポーズをとってる先生が対照的ですよね(笑)

この日集めたのは500羽程度。

鶴を折るのは難しかったでしょう?と聞くと

一度覚えたら簡単だったよー
僕はあっという間に作れるんだぜ


こんな反応が返ってきたことに
アメリカらしさを最も感じた一日でした

学校の訪問はまだまだ続きます。

星48ヶの星条旗

2011-05-16 (Mon) 23:59  
卒業後第一週目となる今日は、地元の小学校を訪問してきました。

訪問先は今年100周年を迎えたこちらの学校↓

   2011_0516 Radford School1

何故に小学校の訪問??・・ですよね。

実は 先月行ったチャリティ で親日家なおばあちゃんと知り合ってて
「日本に千羽鶴を送りたい」というプロジェクトの話を聞いてたの。

聞くと、市内にある小学校にすでに声をかけていて
小学生達が千羽鶴を折ってくれているとのこと。

それらを回収して、足りない鶴を折ったり
糸でまとめたりする作業を手伝ってくれないか・・ってことで
私の卒業を待ってくれていたのでした。

ぶっちゃけ・・千羽鶴は「ビミョー・・・」とは思うものの・・\(- - ) バシっ!
その善意はありがたいことには間違いない。

んー・・・なんとすっかなー (*-゛-) う゛~ん

主人と共に考え抜いて・・・

慣れない手つきで鶴を折ってる子供達の写真や
簡単なメッセージを添えた千羽鶴はどうだろうか?ってことになった。
写真を撮られることで、子供達も張り切るだろうしね(笑)

鶴だけがドーン!と送られるよりかは
不器用な子供達が作ってる写真やメッセージが先方に伝われば
届いた千羽鶴に対する印象は変わるんじゃないかと。
せっかくの善意ですからね。

なので、このおばあちゃん(Blanca)のお手伝いをすることに決めた。
元々ボランティアなんて、私の性ではないのですが
これも一つの経験かなと。

○追伸○
本日訪問した小学校では、子供達と一緒に給食をご馳走になりました。
スープ、ミートボールが入ったパスタに野菜のソテー。
デザート(りんごのすりおろし)迄あったのにはびっくり!

もっとびっくりしたのは、野菜のソテーが嫌いな子はスルーできたり
食べ残しもOKだったこと!
日本とは違うなぁと思ってたけど、その場ではやっぱ言えないよね(笑)

それと、飾られていた学校創設当時の国旗が印象的でした。

   2011_0516 Radford School2
簡単にかけ算できちゃう星の配置にあれ?ですよね。

というのも、この学校の創立は1911年。
アラスカ・ハワイがアメリカの州に昇格する前の48州当時のものでした。

今週はBlancaさんとまだまだ他の小学校を廻る予定です。
子供の英語なのに、わからなくて苦戦してるけど^^;
楽しみながら訪問してきまーす!



 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。