スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会いに感謝 【滋賀球屋の私の師匠】

2007-07-27 (Fri) 10:50  
日本語の ありがとう・・

英語だと Thank you とか Thanks!
オーストラリアでは、スーパーでのお釣りをもらう際など
どうも♪的な意味合いで、「タッ!」と、簡略されて言われたりします。

ありがとう のたった5文字で、感謝の気持ちを伝えるのは難しい・・・。
言われた相手に、感謝の気持ちをきちんと伝えたいなっていつも思う私。

写真じゃちょいと解りにくいけど、私のシャフト・・ ピカピカになりました♪ 「ア

ピカピカのシャフト

新しいシャフト欲しいなって、思ってましたけど
もうちょっとだけ使おうかなぁ・・ shinee



7/25が、私にとっての滋賀での球の撞き納めとなりました。
通い慣れてきたこの道も、もう走ることないな~とか
色々と感慨深くなりながら、球屋へ到着。 ε=ε=ε=(o- -)oブーン

この日は最後ということもあり、師匠 ニセマ○オ とは、あらかじめ約束をしていて
師匠はもうすでに、ご到着でした・・・。 (この時点で既に負けている・・ガーン

3時間という限られた時間の中で・・
1時間目 → 講義と談義
         力加減と球の取り方・私の悪い癖をザバッ!と指摘される。
         それと、一人撞きの際のポイント等々・・
2時間目 → 個々に練習

迎える3時間目で、いよいよお手合わせ・・
こうして、師匠の最後の 私への子守 が始まりました(笑)

今夜もよう眠れんやろ? 困

・・ええ、とっても・・ 泣きパンダ

実は、師匠からは 埼玉行きへのお餞別 として
手玉フリーのチャンスを何度か頂いてたんですが(笑)それでもダメだった。

ごめんね・・師匠・・ shinee

自分が勝てる相手ではないし、師匠とはステージが違い過ぎるんです。
負けるのはやはり悔しいけど、それでも撞きたいって思えるのは・・

師匠との撞きが、勉強になっていたから。 

師匠の球歴は、40年。(遠い目)
・・私が産まれる前から、球撞いてるんだもん。 、jョレ

私が構えに入った時、師匠から 「なんで左や?右やろ?」と言われ
「何で右なの?」 と、素直に疑問を投げ返したところ、師匠は・・

口から頭蓋骨が飛び出そうな大きなため息 を・・ あら・・・

そして、球やボードを使ってきちんと説明をしてくれた。
で、そういう説明が出来て、私を理解させてくれた人。

もちろん、それは私だけではなく、
そこへ集うビリヤード狂徒達に対して、全てそうでした。

気さくな性格ゆえ、皆に慕われるのも当たり前。
私達と同様、球の魅力にとりつかれ、日々精進を続けている。

そして、そんな師匠が目指しているステージは・・
ここでは言えないけど、言葉にならない位に感動した世界でした。

    師匠

帰る直前に、新しいCueを買ってほくほく♪な Mr.T君がやって来て
早速、師匠からのジャンプの指導が始まり、Mr.T君が羨ましく思えました。

埼玉は球屋が多いから、ハウストーナメントに参加して
もっともっと球を撞く人間との関係を増やすよう、アドバイスを頂きました。

それと・・
滋賀-埼玉と、離れてしまうけれども
課題出すから結果報告しなさいって(笑)  ・・どうぞお手柔らかに・・

で、帰り際に 「これでCueの手入れしてみ♪」 と
秘密兵器(!)を渡されて、涙出そうでした。

引越作業が落ち着いた、夜中にそっと磨いてみたら・・
とてもキレイになりました・・。 「ア

きっと100万回、ありがとう と、口にしても
師匠への感謝の気持ちは、足りない位です。
でも、言っちゃいます 98666 ・・ ありがとうございました! 


そんな師匠は、近年老眼が進んでいるらしい。  テレテレ
私が師匠をうち負かすことが出来るのはきっと・・

老眼が益々進み、Cueが杖替わりとなる10年後

生きてればまた会える・・その言葉を忘れずに
埼玉でもしっかり球撞き、頑張らなくちゃ!

沢山の想い出と、素敵なビリヤード狂徒さん達と出会えた、滋賀県での球ライフ。
本当にありがとうございました! ぷーさん


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/128-94ee031d

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。