スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想像してください

2008-06-13 (Fri) 23:59  
死んだら「亡くなった人の心」は、いったいどこへ行くんだろう。

この答えを知っている人は、この世にはいない。
私的には「空気のような存在で、見守ってくれている」と信じている。

楽しくてわくわくした感情・時には怒り涙した苦悩が
全てリセットされて「愛情」の感情のみで、傍にいて欲しい。

・・・あくまで、私の希望的妄想ですが。

一ヶ月ぶりに、ブリスベンに住むMrs.Jからメールが来た。

わくわくしながら、メールを読むと、それに反した内容で
当時お世話になった方の奥様が、自ら命を絶ったとのこと。

ガンが見つかったこと・オーストラリア暮らしがキツイ。
だから、日本へ一時帰国されていた最中のことでした。

夫婦仲もよく、金銭的にも恵まれ、
このご夫婦を慕う人達は、ブリスベンには数多くいる。

義父が亡くなった時に、こんな言葉をくれた方がいたの。

神様が 「試練を与えている」と考えたほうがいいよ。

神様は 試練を乗り越えられる人にしか、試練は与えない そうです。
試練とは「その人を大きくさせたい・大きくなってもらいたいから」だって。

あぁ、そうだなぁ。

人は哀しみや辛さを乗り越えていける生き物で
そのためにも、人と人が支え支えられて生きているんだなって
そう感じては、その言葉で冷静になれた事を思いだします。

気が強くて完璧主義。賑やかな事が大好きな奥さんでした。
一人残されたご主人の心中を思えば、言葉が見つからない。

弱い自分を誰にも見せたくなかったのも、
病気でご主人に迷惑をかけたくなかったのも、
これまで通り、思い通りに動けないジレンマも、想像がつくの。

人は誰もが、そんなに強い生き物じゃないし
医者じゃないから治療については、調べて様々な可能性を探したり
あなたの手や足となり、可能な限り傍に居たい・・と私は思う。

それも出来なかった事が、悔やまれてなりません。
自分どうやって死のうか?と考えるよりも、自分が死んだら
周囲にはどう伝わりどう残るのか・・に、想像力を膨らませて欲しい。

悲しい顔ばかりが連なるのが、「お葬式」なんだから。

    お姉さんに捧ぐ・・

今日(6/16)は、散歩がてら花泥棒をして(!)
野原に咲く花を摘んできたよ。(黄色は元気が出るからね)

コメントが遅れ、ご訪問ができなかった自分ですが
明日からは、ご訪問&更新をしていきたいなって思っています。
もうちょっとお時間下さいね。

○追伸○
地震もありましたね。私の実家が震度4・主人の実家が震度6弱でした。
幸いにして被害やケガもなく、片付けも一段落したとのこと。

離れて暮らしていると、何かと心配な事が増えますが
天災だけは、どうにもなりません。
被災されたエリアの一日も早い復興を、願うばかりです。

関連記事

コメント

今晩は、woolさん。。
こういう時・・何と言葉をかけてあげたら良いのかわかりません。。
でも、亡くなった方の事を考えて悲しむよりも、その方との楽しかった思い出話をして、その方の事を思い出してあげる事が1番の供養だと。。
そうuriboは聞かされてます。
すぐには無理かもしれませんが・・
心が落ち着いたら、いっぱいいっぱい思い出して笑顔で話をしてあげてください^^
 
ご実家が地震にあってしまったとの事・・
かなりの被害があったとTVで観ました。
一刻も早く落ち着きが取り戻せるよう願っています!
 
何にも焦る事は無いですから・・
心落ち着くまでのんびり過ごしてくださいね^^

母のように近い存在だった祖母が他界した時
お寺さんから教わったんだけど
「亡くなった人の心は、その人を思う
全ての人の魂の内側にある」のだそう。
その時は、哀しみの方が大きくて
全然、ピンとこなかったんですが
時間が経つにつれて、少しずつ解ってきた気がします。

でもね、今は焦らなくて良いと思うよ。
泣きたい時は泣いてもいいんだし
何も手につかない時は何もしなくていいの。
無理に頑張って哀しみを乗り越えようとしなくても
いつか、少しずつでも心が穏やかになる日が来るから。
私、woolさんの事、大好きだから
いつまででも、のんびりと待ってるよ。

こんにちは。

ご実家のほう、地震の被害が無くて何よりでしたね!
私もそばで見ていて欲しいと思いますが、きっとそうなると霊界のほうでも人口爆発しそうな気がしてなりません。そして、文明の進歩の異なる人たちが共存している世界ってどんな感じなんだろうと想像してしまいます。
神様。。。確かに試練かもしれませんが、中には、とても良い人や家族のために死んではいけないような人が通り魔に刺されたり、ひき逃げされたりする事件を見てしまうと、神様も居ないのかなとふと思ったりすることがあります。

何が悲しいって自ら命を断つことほど悲しいことはないですね・・
でも、そうしてしまう人にはちゃんとそれなりの理由があると思うのです。
本当の心の痛みは自分にしかわからないと思うから。
ただ、周りにいる人はその悲しみを少しでもわかりたいと思うよね。
少しでも軽くしてあげたいと。。
woolさんはとてもお優しい人だから、いろんな思いが交錯されているのでしょうけど、ずっと忘れないでいてあげることが今となっては唯一できることなのかなって思います。
誰かに教えてもらった言葉なんだけど、『人は人生で二度死ぬ。一度目は肉体が滅びたとき。二度目は誰かに忘れられたとき』なんだそうです。
亡くなった人のこと忘れないでいたいですよね。。

地震の被害がなかったと聞いて安心しました。
それでも、被害に遭われた方たちのご冥福を祈ると共に、被災地の復興を私も願っています。



uriboさんへ

uriboさんの優しさを改めて感じ、救われた思いで一杯です。
いつも支えてもらってばかりだね・・ありがとうuriboさん。

急遽日本へ戻った旦那さんも、対面までは悪い冗談だと願ってた。
日本へ一時帰国させた自分を責めてばかりでね・・・。
私も、思いだすのは笑顔ばかりで、まだ信じられないって感じなの。
あともうちょっと時間が過ぎたら、受け入れることができるのかもしれない。
その時には想い出話ができるようでありたいなって。

とことん思い詰めて自分を責めたら、もう浮き上がるしかないもんね。
そういう時間が、時には必要なんだよね・・。

地震は被害がなくて、後片づけに大わらわだったみたいだけど
今は落ち着いたそうで、元々地盤が固かったのが幸いしたみたい。
地震は恐いね、ホント。深刻なエリアの復興を願うばかりです。

さすけどんへ

さすけどんからは、いつも大切な事を教わってばかりです。
お話を聞いて、何となくわかるような気がしています。ありがとう。

二度と逢えないけど、その人の気持ちまでもが消え去ったとは
思いたくなくて「今はどこを旅してるのかな」って気持ちです。
私がその人を想うと、その人の気持ちが傍に来てくれる・・
見えないけれども、そう考えたら気持ちが強くなれてたの。

見抜かれてたのね・・何だか気力が失せてしまった状態だったの。
そんな折りに「何もしなくていいの」って言われて泣けてました。
それと「待ってるからね」の言葉にどれ程心がほぐれたことか・・・。
さすけどん、ありがとう。私もさすけどんが大好きだよー!
フフフ、私はさすけどんのファン何号になるのかしら?

君平さんへ

君平さん、心配して下さってありがとうございます。
地盤が固いのか?小屋の収納物が落ちただけで、ほっとしました。
被害が深刻なエリアの一日も早い復興を願うばかりです。

だはは~、霊界の異文化交流を私も想像してはニヤリでしたよ。
心ってどこに行っちゃうんだろうって、いつも考えていたの。
その人を思い出したら傍に寄ってくるんじゃないか・・とかです。

うん、残忍な事件が続いているからそう思っちゃいます。
神様って、自然や人・動物・この世に存在する、
自分の周囲にある全てのモノなのかな~って思っています。

こあらさんへ

何度も読み返して、このままじゃいけないなって心の切替ができたの。
こあらさん、四方塞がりだった私を引っ張り上げてくれてありがとう。

主人も「人の内面はわからないから・・」と言ってます。
考えてもキリがないけど、とにかく「生き抜いて欲しかった」んです。
うん、彼女の事はずっと忘れずに過ごしていきます。
それと「人は二度・・」のお話も、心に留めていきたいなって。

悲しみを乗り越えたら人は優しくなれるって思っているの。
今の私はまだまだで、こあらさんのような真の優しさが本物だなって。
優しさだけではなく、強さも兼ね備えた真の優しい人でありたいな。
こあらさんってお姉さんみたいな存在で、感謝の想いで一杯です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/1306-14377787

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。