スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Laser Guided Pool Cue

2008-11-12 (Wed) 23:59  
主人が「出張先で面白いモノ見つけたよー 、ノ、ム」と教えてくれました。
それは、飛行機内にあった通販雑誌に掲載されていたこちらの商品。

The Laser Guided Pool Cue!

   Laser guided pool cue

目には無害なレーザーポインタで手玉の撞点を照らすそうな。
離れた先玉にも照射が可能で、タッチセンサー式スイッチ。
スペアタップとケースもついて、$79.95

一体誰が買うんだ? と思っていたら・・
     ・
     ・
     ・
目の前の主人が欲しがりましてね(笑)

似てない夫婦路線、まっしぐらでしょ?(爆)
でもね、買いませんよ~ (( ( ̄  ̄*)(* ̄  ̄) )) No! No!

これを使えば、遠くの球を狙う時やバンクや空クッションの
目安にはなるんでしょうが、その撞点を撞けなければ効果がない。

それにハードショットの際には一発で壊れそうだし 、jョレ

狙った撞点を、相応の力加減で撞こうとしても
ロボットではない人間が、棒を振って手球に力を伝えるのだから
その通りにできることが難しい・・・だから、練習をする。

自己満足なんだろうけど、イメージ通りに球を運べた嬉しさは大きい
でね、前回出来たことができない時には悔しい思い で一杯。

そこが ビリヤードの醍醐味でありストレスであり奥深さ だなぁと思ってます。

狙った厚み・撞点と、見合った力加減で球を撞き手球を運ぶ。
止まっている球に力を加え、狙った場所へ移動させられるかどうか。
それはとっても正直な結果、だから反省しては練習の日々です。

この製品はこれでいいんですが、付け加えるなら
狙った撞点を外したら軽~く電気がピリ・・って流れるとかさ (* ̄m ̄)ぷっ
そんなオプション付きなら面白いけど、だったら売れないだろな 笑 ぷーさん

そんな流れから、主人が「ビリヤードやってみたい」と言い出しましたよ!
何か不吉な予兆 のような気がして怖かったです たはー

実を言うと、主人がそう言いだしたのはこれが二度目
前回の挫折は、球屋へ足を運ぶのが気恥ずかしかった ようで
せっかくキューを買ったのに、一度も球屋へ行くことはなかったんです。

そして、今回の私の不吉な予兆は見事的中!

カスタムキュー が欲しいなぁ 、ノ、ム」 って言い出しましてね。(;´∀`)・・・

主人が前向きにビリヤードに取り組もうとする姿勢は
ちょっぴり・・いや、相当嬉しいんですよ、私。 アップロードファイル

でもさ、男の人って、どうしてこうも道具にこだわるんでしょう・・・ うーん
お魚をさばく時も「まずは包丁研いでから!」な人だからね(笑)

今日は、久し振りにお店で球撞きでした。
なので、その話でちょっと盛り上がりましたよ。
MUSASHIがいいんじゃないか・・とかね。

まずはカスタムキューとかじゃなく 彼が好むデザインを聞いて
それにハイテクシャフトつければいいかなぁと思ってます。
現物を見て触れてストロークして・・それで気に入ったものでいいかと。

とにかく、ビリヤードに興味を持った主人の気持ちを育てたいの。
滅多にないことですからねぇ (笑)

自分の気に入ったキューを持つ。

それが今後の興味や練習意欲を強く大きく左右するので
wool財務省(笑)も検討して、彼が気に入る1本が見つかるといいな♪

滑り止めとして・・
彼がギブした後でも、私が使えるようなデザインを選んでくれたら、
それはそれで一石二鳥かと思ってます ( ̄ー ̄)ニヤリ

○追伸○
主人は仕事が忙しくて、球デビューは来年夏位になりそう。
それまでにモチベーションを下げないよう、刺激し続けなくちゃ! あら・・・

↓2008_1114 追記 ↓
余談になりますが、この商品はノースウエスト航空機内にあった
Skymall という通信販売雑誌に掲載されてました。
ネットでも閲覧&購入が可能のようです。(手広かったのね^^;)

便利なグッツも多数掲載されていましたが
思わず笑ってしまうような商品もあり、見ていて飽きない一冊です。

こちらはお相撲さんが足になってるガラステーブル($225)
(写真がボケてしまいすみません!)

お相撲さんモチーフのガラステーブル
何故ガラステーブルの下で??謎が謎を呼んだ一品(笑)

これは、デジカメと一体化した水中メガネ。($99.95)

水中眼鏡一体型デジタルカメラ
手元のシャッターボタンで、写真またはビデオ撮影が可能。
撮影状況を目で確認できないのは、ギャンブルだなぁ(苦笑)
世の中、所変われば色んなグッツがあるものですね あら・・・
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。

何だか、ご無沙汰してしまいました。
男性って何となくこういうものには
弱いところがありますね。
私も使い道が無いのに、レーザーで
距離が図れる器具が欲しいと思った
事もありますし(笑

匿名さんへ

コメントありがとうございます。
うんうん・・という想いです。
後でまた連絡しますね♪

君平さんへ

君平さん、コメントありがとう♪
私の方こそ読み逃げしちゃって、申し訳ないです!
上高地のお写真、ホントキレイでで素敵でしたね♪(*⌒―⌒*)))

でっ!やっぱり君平さんも「まずは道具派」なんですね。
こだわり派の方がしっくりくる・・というイメージがありますよ♪ v-410
もしかして「グッツプレス」を読んだり新製品の家電にわくわくしません?(笑)
うちの主人はそんなことばっかりしている人です^^
レーザーで距離を測れる器具で、何の距離を知りたかったのかしら?
それがとっても気になって仕方がないです(笑)
(↑あ、にゃんこさんとの距離とか? 笑)

新幹線に乗ると通販の冊子がおいてあったりすんですけど、さすがにビリ用品はのってませんよね。
さすがアメリカですなぁ。
庶民のゲームというかスポーツなのでしょう。

件のアイテムなんですけど、一応、日本のショップでも扱ってるようですよ。
わかる人なら誰も買わないでしょうねぇ…嗚呼。
レーザーで撞点みえたところで、そこに確実にストロークのがまずは難しいわけですし。
あとはタップ交換が出来なさそうなので、汎用性が…

ジャネット・リーやアレン・ホプキンスが開発に関わったとかいう“Spider Laser Pool”という厚みを見つけてくれるやつがあるんですけど、それなら多少は上達の助けになりそうです。

俺の場合は、上達の楽しみはそこそこにしておいて、道具を見る楽しみのほうがメインになりつつありますねぇ。
「男は道具から」ってのは、けっこう当たってます。

鮫さんへ

多分、日本でいう「卓球」のような馴染みある競技なんでしょうね。
温泉場に卓球台があって、色んな人が気軽にピンポンするけど
ラリーしている人ってあまり見かけないじゃない?
そんな感じで、少なくともこれまで数回は競技している人が多いんでしょう。
卓球にこんな練習グッツはないし、アメリカ人は熱いなぁとちょっと笑えた^^

主人はこれがあれば上達できると思い込んでいたの(笑)
それで球の話をして・・がきっかけで、興味を持ったみたい。
どこの撞点をとりその撞点を狙うのも、初めての主人には大変だろうしね。
彼と私は性格が真反対なので、上達は早いんじゃないかと思ってます(笑)

Spider Laser Poolも初めて知りました。
これは芯撞きの場合の厚みや手玉の走りを導くようですね。
こんなのもあるんだ~と、参考になりましたよ。ありがとうです^^
(でも、買わないわよ 笑 とにかく撞いて色んな経験して欲しいんだ)

だはは♪ 鮫さんも道具派なのですねぇ・・何となく解ってましたけど 笑v-410
師匠からもアドバイスをもらっていますが、何せ彼が激務で
好みのデザインどころか、顔を合わせる時間すら激減中なの。
鮫さんのアドバイスも頼りにしていますので、宜しくお願いします♪
ちなみに師匠もコテコテの道具派です(笑)やっぱりそうなのねぇ~ v-398

追伸
主人が見たという通販雑誌の追記を載せました。
一体誰が買うんだ?(笑)という商品が多くて笑えます。
お時間ありましたら眺めてやって下さいな♪

Skymall面白いですねぇ。
歩数計みたんですけど、無駄にでかいし高い。
なんかアメリカンテイストでした。

鮫さんへ

Skymallを見てくれてありがとう♪
そうなの、そういうのを見ちゃうと日本人に生まれて良かったなって(笑)
一体誰が買うの?という商品もあれば、おぉ~と思うのもあったりで
所変われば汎用も変わるものですね^^
海外から見ると、優れた日本製品に頭も下がる思いになります。
で、一体誰が買うでしょうねぇ(笑)
それが気になって仕方がない私でした! v-398
お時間を割いて眺めてくださってありがとうでした♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/1460-8e1e4265

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。