スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリアで球撞き

2009-02-07 (Sat) 23:59  
昨年、母とオーストラリアを旅した時の話の続きです。

Broncosを堪能してからホテルへ戻り、母を寝かしつけてから
友達とカジノ→球撞きに行ってきました。

カジノでビールをご馳走になったのですが
2007年7月1日よりクラブやパブを含む室内飲食施設は全て禁煙になり
バルコニーに出て、よもやま話に花が咲きました。

3年ぶりの再会だったのですが、私が行くことに合わせて
遠方での転職の面接を調整してくれていたそうで、頭の下がる思いでした。

そこまでしてもらえたのですから、球は撞かなくてはなりませんね(笑)
酔いもホロロに、シティにあるファットルイーズへ。

オーナーが変わったそうで、スヌーカーテーブルが1台減って1台のみ。
3/4の台が5,6台に、コインテーブルが2台しかありませんでした。

最近はビリヤードする場所がないよ・・と、先のお友達。
当時は、チャイナタウンの裏にある球屋さんへ行ったものでしたが
現在はお店を閉めてしまい、球屋なお店はなくなってしまったそうです。

知る限り、パブがクラブか・・ってとこみたい。
ブームが去ればこんなもんかと、寂しくなりますね うーん

オーストラリアは、イギリス系の台で球も一回り小さく
ポケットは球2ケ分ない渋めの台で、Cueもスヌーカー用です。

    オーストラリアのビリヤード

この日お手合わせしてくれたのは、私に初めて球撞きをさせた人で
かれこれ12年ぶりの球撞きとなりました。

遊んだのはエイトボール。
オーストラリアではナインボールよりもエイトボールが主流です。

ビリヤードって、日本でいうなら「卓球」みたいなものだと思うの。
どこに行っても台があり、誰もが何度かはゲームをしている。

日本でも、保養所や公民館に卓球台があって遊んでいるけど
激しくラリーしている人ってあまりいないでしょう?
それと同じで、そこそこ楽しめているゲームなんだと思います。


久し振りに撞いた感想は「あれ、こんなに球が走らなかったっけ?」で
力加減に戸惑い、ポケットの渋さに泣かされました。

あっけなく1セット目を先取されましたよ アップロードファイル

2セット目、ポケットした球が出て来ちゃってエイト狙えず・・ 絵文字名を入力してください
そのまま取りきられ、2セット目も白旗降参。

3セット目、難しい配置で、どっちから取り始めても一緒な感じ。
自分で選んだショットに対して「クレイジー」と言われる有様 泣き顔
言われればそうだ、もっと簡単に取れたのに・・とまたまた敗北。

4セット目、たなボタで何とか1勝。

5セット目、力加減も掴めてきたよ~たなボタを味方につけ2勝

6セット目、彼が本領発揮で球を撞かせてもらえない・・悔しいなぁ。
もっとビールを飲ませておくべきだったな・・と、後悔しきりだよ(笑)

7セット目、スクラッチからの2ショットで、何とか3勝。

あともう1勝したら並んだのですが、ニコチン切れで終了・・(涙)
そう、冒頭で説明したように、屋内は全て禁煙ですから。

また逢って一緒にゲームする楽しみが励みになります。
次回はもっと早々にゲーム展開できるよう、練習頑張ろう!
その次回がいつになるかは、見当がつきませんが
ファットルイーズだけは、残ってくれていますように♪

○追伸○
ゲーム最中の写真も撮影していたのですが、
暗い店内からか、写真が全てボケボケでした・・ごめんなさい。

関連記事

コメント

なるほどー。
こういう情報はとても参考になります。

スヌーカー改造台は、ほぼポケットのボール2個分の広さなんですね。
スヌーカーテーブルよりは広そうですけども、丸い角を考慮にいれると、かなり渋そうです。
キュー先のコンディションみて、少し笑っちゃいました。
テーブルもタコヤキがあるコンディションのようなので、置きキューもそれなりなんでしょうねぇ。

サイトを見てみたのですが、意外と台間が狭く、いかにもバーテーブルの雰囲気がアリアリです。
というか、ごつい(´_`)ゞ

世界的な禁煙の流れは、とうとうこういう場所にも来たんですねぇ。
自分は吸わないので大歓迎なのですけども。

なにはともあれ、貴重な情報をありがとうございました。

鮫さんへ

あ、そういった大事な事を書き忘れていましたね^^;
フォローのコメントありがとうです!

そうなの、このキュー先曲がってるし(笑)おひょ~だったけど
3/4を置いてるのが、町中ではここしかなかったんですよね。
オーナーが豪人から韓国人になったからか、カラオケに力入れてるらしいの。
オープン当初は、賑わっていたのが閑散としていたのが残念でしたよ。

手前のコインテーブルのとこに、スヌーカー台があったんですね。
確かに狭いし、コインを何故そこに??という気分でした。
ゲームが1時間A$14に値上がりしてて、球離れにも頷けると思いません?

禁煙は辛かったですねぇ。友達がギブ入って終わったんですけど
火はつけども燻らせてばかりで、吸ってないこと多いのにね~って(笑)
煙草もそろそろ辞めなくちゃとは思うけど、なかなか難しいです。
辞めたら荷物も減るし喫煙場所を探すこともないし、良いことづくめ!
わかっちゃいるけど辞められないんですよね(涙)

ん?14豪ドルというと、今のレートで換算すると900円近くですか?
たかっ!!
都内にあるワンドリンク制のところと同じぐらいですね。
それは球離れも加速するでしょう。
というか、身近な遊びじゃなくなってますねぇ。
経営がかわると球屋の雰囲気がかわるのは、海外も同じなんですねぇ。

それはそうとコインテーブルはワンゲーム制ですか?
アメリカと違い、コインを入れて球が出てくる台じゃないのかな。

鮫さんへ

うん、ほぼ900円。旅行した時のレートだと1,300円位かな (T▽T)
ワンドリンクもつかないし禁煙となれば、他の遊びに走るとこだよね。
学校にある休憩室とかだと無料で開放してたりするので
そこで遊んで何となく球を覚えて、そのまんま・・って感じなんだと思う。
以前はビリヤードのナイトクラブもあった位なので寂しさがふつふつでした。

シドニーオリンピック前後から始まったバブルで、物価が相当上昇したの。
以前の球屋な店は3/4がA$8、スヌーカーがA$12、特別台な
スヌーカーがA$14だったと記憶しています。(違ってたらごめんね)
フリータイムはないけど、当時は3/4なら1時間500円位でしたよ。
それでもちょっと高いけど、メンテが行き届いていたのを覚えています。

以前はA$1だったコインテーブルはA$2になっていましたよ。
うん、コインを入れたらガガーっと球が出てくるヤツです。
ポケットした球はそのまま没収で、クラブはこの台がほとんどかな。
台が小さいから最初は悶絶です(笑)私の腕じゃ無理だなぁ^^;
球が赤と黄色でハイとローを分けてありますよ。

友達は、週末のモーニング付きトーナメントに出ていたんだって。
だけどそこもオーナーが変わったことで雰囲気やメンツが合わなくなり
今となっては球を撞く店がないと嘆いていました。
いっそのこと球屋すれば?って言って帰ってきましたよ(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/1537-36181107

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。