スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカでの球初め 前編

2009-08-13 (Thu) 23:59  
こちらでの球撞きも、いよいよ始めています。

日本では週3ペースの10~15時間程の練習ベースでしたが
なんやかんやで時間がとれず、週2ペースの5~6時間程が
今の生活リズムにちょうどいい練習タイムとなっています。

引越するたびにいつも「さて、どこのお店がいいのやら・・」と迷います。
お店が変わる度に知り合いも増えるというメリットはあるのですが
新しいお店へ行くのは、やはりわくわくよりもドキドキ(不安)が多いの。

アメリカのビリヤード場事情を、主人の職場の方に尋ねると
女が一人で出かけたら何があるかわからないから行かない方がいい
誰に聞いてもそんな返事が返ってきました。

そんな返事になるだろうっていうのは、想像できてたの。
お酒も入るし、お金も乗せてるし、銃持ってるかもしんないですし。

ビリヤードはどうしてこうもダークな世界になっちゃうの?
そういうスタンスばかりの人じゃあないのに・・・。
しばらくの間は、そんな風にずっと悶々してました。

実際、ネットで見つけたお店を見に出かけると・・
    Shooters1
小窓と入り口には鉄格子!(クリックで大きくなります)

鉄格子が多いとそのエリアは治安が良くないことが多く
事実、このお店もそのエリアの中心地にあります。

その上、お店の看板はドクロ!目玉は8番ボール、何で?(笑)

    Shooters2
初めてみた時は、ドクロがベロ出していたように見えましたし
とにかく、こんな風貌のお店に入るのは勇気いりますよねぇ。

ということで、主人の職場のリクリエーションルームにある
ビリヤード台を使っての練習を始めました。

    職場の台1

日本の台よりも一回り小さい8フィート台。
オンボロながらもBrunswickです。

    職場の台2

リクリエーションルームなので、人は誰も来なくて静か。
その上、鳥肌が立つ位にエアコンがガンガン効いていて
一人こっそり練習するには最高の環境なんです。

でもね・・・やっぱり!

外の世界で、色んな人のプレーが見たい!芽
本場に来たんだもの、こちらでも球を通じて人と出会いたい!!四葉
楽しくビリヤードをしたい!!薔薇

楽しくなかったら何事も続かないですから♪

でっ!

とうとう見つけましたよ~
新しいお店のお話は、次回 へ続きます (^ー^)ノ☆*.。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/1663-68a95624

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。