スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手軽で美味しい なめこ煮

2007-08-30 (Thu) 13:09  
先日、実家へ帰省した際に見つけた、大袋入りのナメコ。
ど~ん!と、400g入って380円!・・・安い♪  

     なめこ

ということで、なめこの菊和えを作ることにしました。

   お手軽度・・・ とても簡単/所要時間10分    
   お薦め点・・・ 火加減弱め に気をつければ、失敗はありません!

独特のぬめりは、水溶性食物繊維の ムチン によるもので、
タンパク質の吸収を助け、胃や肝臓の粘膜を保護する効果があります。

またナメコには、整腸作用やコレステロールの増加を抑える働き があるそうです。ぷーさん



スーパーで、年中出回っているなめこですが
天然物の旬は10月~11月で、他のきのこと同様、これからの旬ものです。

日本以外に、中国、ヨーロッパ、北米にも分布していますが
この食感は、海外ではあまりポピュラーではなくて
食用としているのはほとんど日本だけなんだそうです。

で、作り方です。ぷーさん

材料 
①なめこ400g ②日本酒 60cc ③砂糖 小さじ1
④お醤油 大さじ3 ⑤めんつゆ(お好みで味を調整して下さい)

   ① ナメコを軽く水洗いする。  
    ナメコは採ってから時間が経つと、ヌメリに嫌なにおいがつくので
    さっと水洗いします。

    なめこを洗う

   ② 鍋にナメコ・日本酒を入れ、弱火の火を入れる
    キノコは元々水分を多く含んでおり、加熱で水分が自然と出てきます。
    なので、油等は一切ひかず、きのこの水分と日本酒だけで煮ていきます。
    焦がさないように弱火で、木べらでかき混ぜていると
    程なく、ふつふつと粘りの水分が出てきます。
  
    火を入れて1分経過

    ↑ 1分半も過ぎるとこんなに粘りが出るので、そこでもう味付けします。

    ③ 砂糖→お醤油→めんつゆの順番で味付けする。 
    ごはんのお供なのと、彩りを考えて 食用菊(黄色) を入れる私は
    ちょっと濃いめの味付けにします。
    余談ですが、食用菊を食べるのは東北人だけ らしいので
    食用菊の茹で方は、割愛します。
     
    火を入れて1分半経過

   かき混ぜながら水分を少々飛ばし、3分程煮たらできあがりです。 
   あまり長く煮ると焦げ易いのと、風味が飛ぶので気をつけて下さい。
  
    ④ あらかじめ茹でておいた食用菊を混ぜて、はい完成。 

          なめこの菊和え完成品

冷めるとちゃんとトロリとしてきます。
冷蔵庫でも1週間程日持ちしますので、常備菜としてお薦めです。四葉

関連記事

コメント

ほほ~
食用菊を食べるのは東北の方だけなんですか。。
確かにこちらでは食べる習慣がないですね(;^_^A
なめこはお味噌汁に入れるくらいだったのですが、簡単だし美味しそうなので作ってみようかなぁ。。
(食用菊はナシで。笑)
報告がおそくなったのですが、以前教えていただいたブロッコリーの天ぷら評判よかったです♪

きっと、相当ひもじかったんでしょう(^^;)

美しい花までも食べてしまう東北人です(^^;)
食料のない時代の名残なんでしょうかね(笑)

東北エリア外ではあまり見かけない食用菊。
食用菊の替わりに大根おろしを和えて食べたりもしますヨ。

お口に合えば嬉しいな~♪ 時間のない時には是非どうぞ♪
なめこが特売な時も狙いです♪ ( ̄ー ̄)ニヤリッ

PS ブロッコリー評判良かったみたいで、めっちゃ嬉しいっす!
   ありがとうございます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/169-68de4771

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。