スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年初滑り in America

2010-01-17 (Sun) 23:59  
2010年、初滑りを堪能してきました。
砂漠気候でもスキーが出来る山、ありましたよ うさ・笑う

私が住む街は、朝晩は冷え込むものの昼間は気温が上がる砂漠気候。
そのため、出掛けたスキー場は山の山頂まで行かないと雪がなく
それでも雪が足りないため、人工降雪機を使ってました。

朝起きして出掛けたのは、車で3時間程の 隣の州にあるこちらの山

    2009_0117 初スキー1

以前、「雪が降ってもスノータイヤを履かない」と話しましたが
夏タイヤでスキー場へ出掛けられましたよ。

日光が当たらない道路脇には少々の残雪があるものの
スキー場の駐車場まで道路には雪が一切ないのです!

    2009_0117 初スキー2
雪道の運転の不安なしでスキー場に行けるなら
滑り疲れもどんと来いです (温泉もないしね 涙)

最後に滑ったのが2008年大晦日、場所は実家近くの田沢湖スキー場。
それから約1年ぶりのスキーでした。

到着したのが10:30。ゲレンデにはまだ人がまばらで喜んだのもつかの間・・

    2009_0117 初スキー3
この後、ロッジでのフットボールの観戦を終えた人達が
どど~っと押し寄せてきたの。フットボールはホント好きみたい。
どっちかにすればいいのにね(笑)☆\(- - ) バシっ!

スキー場到着時にはうかれ気分だった私達夫婦でしたが
この直後、忘れていた事実に最後まで苦しむハメ に!

駐車場に到着後、ウェアに着替えブーツを履いているだけで
はぁはぁと、やたらと息があがるのです。
久し振りだし40だし(笑)と、気にしないことに。

ところが、50m程離れたチケット売り場へとスキーを片手に
ブーツでゴツゴツと歩いて向かっただけで息苦しさを益々意識。。

それは主人も一緒で「標高高いから空気薄いんだ~!」という結論へ。
(普段からランニングをしている主人でも息が上がってばかり!)
も~タバコ止めようかと思った位です(笑) ←あ、この時はね(爆)

山頂へ向かうリフトの中でマップを見ていて知った事実に
主人が「11000フィートだよ!ここ!」と驚く主人の横で
11000フィートって何メートルよ?」で、未だに単位はよくわからん私。

   2009_0117 初スキー4

11000フィートの山頂、それは 標高約3350mという高地 だったの!
富士山の8合目よりも高いトコですよ!! カエルびっくリ
(私の住む街がすでに標高1200mですからね)

空気が薄くて、ちょっと動いただけで息が乱れます。
運動後のぜぇぜぇではなく、ハーハーって感じ。

そんなことで、滑走距離はやたらと小刻み。
山頂まで上がった意味ないです(笑)

そんないわくつきな(笑)山頂でパチリ♪
眼下に広がる 広大な砂漠荒野 は壮大でしたよ。

    2009_0117 初スキー6
背景に雪が全くないのも不思議でしょ にっこり

何度も休んではこのポーズでハーハー。(ぐったり!)

    2009_0117 初スキー5
周囲の人達はフツーなの。参りました~ 絵文字名を入力してください

○追伸○
風が冷たく首巻きで顔半分を覆って滑ったんだけど
日焼けでそこから顔の色が違うくなっちゃった~ 泣きパンダ

SPF50の日焼け止め・下地・ファンデを盛りつけたのになぁ。
もうすぐ学校が始まるっていうのに~!さめざめっ(涙)



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/1781-6d390381

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。