スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首相退陣・・私の視点は・・

2007-09-13 (Thu) 13:05  
あまりに突然過ぎた、安倍首相の退陣表明。

首相の会見の様子、テレビで観ました。
国民への謝罪がなく、説明の言葉で時折つまづく様子は
今朝のテレビで何度も放送されましたね。

会見を見ていてふと、私の頭をよぎったのは・・
平成おじさん で人気を得た、小渕首相 でした。

記者からの質問に、答弁できずに無言になり
首相在任中に、脳梗塞で亡くなられた小渕首相。

で、何故思い出したのかというと
そのキーワードは 小沢一郎氏 でした。


実は、小渕首相が脳梗塞で倒れる約5時間前に
小沢一郎・自由党の連立離脱問題を協議するために
神崎氏と3党首会談をしていたんですよね。 思い出しました?

会談の半分以上は、小渕首相・小沢党首のサシでの会談だったそうで
その内容は、「昔話がほとんどだった」(小沢氏談)そうですが・・。

そして今回、安倍首相が「小沢一郎氏に党首会談を断られた」ことが
退陣へのきっかけと挙げています。
   ・・ 真相は不明・・本人のみぞ知ることなので・・

小沢一郎氏と首相の会談がらみで、二人の首相が変わったな~。
ま、これは偶然だろうけど、ふとそんな事を思い出しました。

それと、拉致被害者のご家族の方達ですね。
どんなに時が流れ離れようが、家族は家族。

逢って再び一緒になってもらいたいと思っている私です。
だから、次の首相にもこの問題を継続してもらいたいなって願うばかりです。


首相が変わることは、様々な分野に影響が出るもので
現実に私自身、首相が変わったことで、人生を大きく変えています。

今回の首相交替とはちょっと事情が違うけど (あり得ないことだからね~)
私の場合は、オーストラリアの首相交替 でありました。

当時のオーストラリアの首相・ポールキーティング氏(労働党)から
現在のジョンハワード首相(自由党)へ政権交替したのが1996年のこと。

同時期、私はオーストラリアへの永住権の申請書類を、豪大使館へ提出していました。
その申請の為に、日本へ一時帰国していたんです。
大使館指定の病院での健康診断・無犯罪証明書等、面倒な作業でしたがね(笑)

ところが提出して数日後、豪大使館から次の内容の連絡があったんです。

首相交替に伴い移民申請が現在止まっていて
あなたの申請は仮に受け付けたとしても、ビザは確実に発給されません・・


大━━━━━━∑(lll。-。lll)━━━━━━ショック・・・・・・・・・

頭が真っ白状態の私に、続けて放たれた次の言葉・・

移民受付再開のメドも、立っていません・・

おそらく・・・
実際に、永住権等の申請に挑戦した方にしか
この 悔しさ落胆 は理解してもらえないかもしれませんが
この経験は、忘れられない出来事です。

で、移民受け入れはそれから8か月後位に再開しましたが
その頃には自身の考え方が変わり、今、こうして日本で暮らしています。

10年以上が過ぎた今でも、この出来事は時々思い出しますね。
今が幸せだから、これで良かったと思ってま~す ぷーさん

だから、首相交替で日本の国益をあげて、前進してほしいな~と思う。
・・・かなり難しいケド・・(笑)

政治には詳しくないけど、怖い世界だよねー。
派閥・信用できない人間関係・脚の引っ張り合い・情報操作の中から
本当に良い政治ってできるんでしょうかね~あら・・・

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/183-77124c34

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。