スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝えたいです

2010-05-30 (Sun) 23:59  
学校がお休みの間は11時の開店に合わせて
お店へ出かけてビリヤードの練習をしたり
試合を観戦したりして夕方まで過ごした毎日でした。

試合を観ながら筆談も交えてゲームの話をするんだけど
自分の伝えたいことが上手に伝えられないことが多いです。

専門用語もあるし、ショットの表現方法はたくさんだし
しっかり伝えられるのは「言いたいことを伝えられずに
地団駄踏んでる私の様子」ってコト位・・

電子辞書にも載ってないし
実際のショットや配置をみてもらって英語での表現を教えてもらったり
一緒に動画を観るのもいい勉強になってます。

少しづつ覚えていったらいよってきちんと教えてくれる人達ばかりなので
今の環境に感謝しつつ、もっと頑張らなくちゃだね。
あと2年しかないと思うと今からホローリきちゃいそうな位だよ。

最近はマルチラックシートとマジックボールラックの話をしています。
この話は改めてさせてくださいね。

先日は「良い本があるんだけど一度読んでみたら?」と
99 Critical shots in Pool という本を薦められたので
英語の勉強も含めて読んでみようと思います。

関連記事

コメント

おお、そちらにはマジックボールラックってのがあるんですね。
まあ、マルチラックシートのパクリのような気もしますが…嗚呼。
エイトボール用のもあって良いですね。

日本の球用語でも東と西で違ったりしますから、そちらでもローカル的な言い回しもあったりするんでしょうね。
日本よりも、はるかに広大なだけに。
キューなんかでも東海岸と西海岸でスタイルが違ったりしますよ。

それに順や逆ヒネリもクッションに対してか、的球の方向に対してかで適用が変わってきますもんね。
日本語ですら球用語ややこしいですからねぇ。
意外と英語はそのへんが合理的にできてるかもしれませんねぇ。

鮫さんへ

読みが鋭いですね、ネタバレですがその通りです ( ̄▽ ̄;)アハハ…
1年前程からこっちで販売されたらしいんですが、最近こっちで
市民権を得つつあるみたいなの、マジックボールラックの方がね。
1枚から買えるのと価格が手頃だからなのも後押ししているみたい。

渡米前にお薦めしてくれたロバートバーンの本を買ってきていたの。
それを読めば基本の言葉はわかるのでとても助かっています。ありがとう。
鮫さんに言われて気づいたけれど、日本語の表現がきっと豊富なのかもなぁ。
置きに行くやスパッ・サクッと撞くとかそういう表現なんかあるでしょう?
そういうのも通じないかな。いつか伝わってくれるいいんだけど(涙)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/1844-be45fed2

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。