スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビで見かけた同僚

2010-07-25 (Sun) 23:59  
夕食を終えて日本のテレビを観ながら論文の宿題をしていたら
かつての同僚がテレビに出ていて思わず見入ってしまいました。

NHKのBSで放送されている熱中スタジアムという番組だったんだけど
その同僚メインで15分に及ぶ内容だったの。
約20年ぶりに見かけたのがテレビ!しかも私、今、アメリカに住んでるし!
たまたまテレビをつけてたという偶然が重なったこの出来事にびっくり!

当時の上司にメールして、思わず名前を確認しちゃったよ。
名字は覚えてたけど下の名前が曖昧で兄弟かな?って思ったからね。

お元気そうで安心しました
はつらつとしていて全然変わってなくって心が和みました。

20歳の時、横浜に住む叔母の家に1ヶ月程お世話になってた時期がある。
それがきっかけで東京で就職することになったんだけど
当時の私は、転職雑誌のDUDAが男性向けだったことを知らず(!)
その雑誌の中から下町にあったその商社に面接希望の電話をしたの。

社長はびっくり!何せ職種が精密機械工具の内勤の営業だったのと
まさか女性が応募してくるとは思ってもなかったらしい、そりゃそうだ(笑)
私は僅かながらも前職がそれだったから面接しようと思ったわけで
その会社始まって以来、お初の女性内勤営業マンになった次第でした。
何も知らないっていうことが無謀でもありご縁でもあったのかもしれません。

面接で社長には家出娘と疑われてね
両親と話をするまでは採用できないから・・と言われ
その話を父にしたら、電話じゃなく伺うよと翌日有給を1日とってくれて
車で上京してくれたんだ。そして娘をお願いしますと深々と頭を下げたの。

父が頭を下げたあの光景は未だに忘れられない出来事。
そして、秋田-東京間を車で日帰り往復した父は伝説の人となりました(笑)

その父の行動に社長が感動して、私は無事採用。
社長が持ってた空き家の新築一軒家を住まいに用意してくれたんだよね。

東京生まれの東京育ちの人しかいなかった職場だったから
地方から出てきた私は、特別扱いに近かった・・と記憶してます。
社長宅のお風呂に入った社員なんて、私だけだと思うよ(自宅兼会社なので)
まぁ、父のあの行動が社長に様々な思いを伝えたんだと思う

渡豪を決めた23歳まで勤めた会社だったけど、自立のきっかけだったからか
これまで2度夢の中に出てきて、ドラマのように話が進んでたりします。

1度目はその会社へ再就職をして社長と在庫管理でもめるシーン。
2度目は主人とかつての住まいに潜入してみつかるシーン。
夢の中でまで私、一体何やってるんだ(苦笑)

何はともあれ、長い時を経て元気で頑張っている彼の姿に
私も元気をもらえた瞬間でありました。
さぁ、テレビも観たことだし私も目の前にある論文、頑張ろう♪

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/1878-2752915d

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。