スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外からみた尖閣問題

2010-11-04 (Thu) 23:59  
尖閣諸島沖の中国漁船衝突のビデオが流出したのを知ったのは
お店に着いて痛いニュース を開いたのがきっかけでした。

ちょうどUPされた直後だったようでアクセス数もまばら。
「ホントですか?」と「削除される前に」で、一気に全部のビデオをみました。

日本では連日の報道だったのは容易に想像がつくのですが
こちらのニュースで放送されることはほとんどありません。

アメリカからすれば遠ーく離れたアジアで起こった出来事であり
それが自国に影響を及ぼす訳でもなく、今は中間選挙の方が関心事でしょうから。

日本のニュースでは常にアメリカでのニュースを紹介するけれど
アメリカでは日本に関するニュースはほとんどありません。
アメリカにとって日本の存在とはそんな程度なのかもしれません。

それと、コピペされたYoutubeへのコメントの書き込みも気になりました。

というのは、日本語でコメントを入れる日本人が多いのに比べ
あちらの方は英語でコメントをいれている場合が多い。(人口の差もあるだろうけど)

これにもちょっとした影響がある。

というのも、世界のメイン言語は英語なのだから
日本語も中国語も解らない人がスキップして読むのは英語だから。

例えば、目の前にハングルアラビア語英語の文章があれば
日本人なら多少馴染みがある 英語の文章 に目がいくはずです。
それと一緒で、日本語、中国語、英語のコメントがあったなら
外国人はまず英語表記のコメントを読み、それに影響されてしまいがち。

あぁ、そうなんだと、真実が上手に伝わってないこともあると思うよ。
せっかくのチャンスなのに。

その上、流出したこの映像を逆手にとって
日本の船が中国の船にぶつかった という映像も見かけた。
そこに日本語で反撃を入れても世界には伝わらないのです。
英語でコメントをいれていた人は、その点を理解していたのかもしれません。

それとね、日本人の美徳の一つでもあるへりくだった表現。
日本人同士なら時に心地良くなる言い回しだったりもするのですが
ところ変われば・・で、英語圏では本来の意で相手には伝わらないことが多いです。

例えば「~させていただく」といった先生達の表現。
国際問題の場では、英語に翻訳をされて報道されることを意識してはっきりと
「~する」と言った方が方針が伝わるし、国の意志が反映する。
そもそも国を引っ張る立場なんだから堂々と発言するべきだ。

お店の常連さんには米軍をリタイアした人が多い。
ベトナム戦争や朝鮮戦争に実際に出兵し、少年兵に刺された人もいる。
その彼等がこういったの。

日本がこれまで中国や北朝鮮から戦争されなかったのは米軍が駐留してるから。

もし尖閣の出来事が米軍と中国間ならば、彼等は間違いなく撃たれたことでしょう。
日本は武力行使ができない。
そこを見透かされてるのも、原因の一つだろうなと。

厳罰が厳しくなれば、法を犯してでも実力行使する人は少なくなるのでは?
命と引き替えでやるのが最も救いがたいことですがそこまでする覚悟は見えない。
それをやったら、いよいよ国際問題に大きく反映し注目もされるのですから
彼等はそれだけなモンなんでしょうが、心中穏やかにならない日本人は当たり前なこと。

普天間問題でぎくしゃくしたけど、ホントに反対している人ばかりかな。
米軍に助けられている人達、結構多いのでは?
基地問題に反対している人の中にはあちらの国の人、いない訳じゃないですよね?

いっそのこと、尖閣に丸ごと移しちゃうえば?とも思った程でした。

日本人が兼ね備えている「常識」が通じない国があるのです。
それゆえ、永住外国人に選挙権を与える必要はないと私は思っているよ。

日本に住み納税をして、日本に貢献していることは認めるけれども
悲しいけれども、市民権がない限り外国人は外国人でしかない。
日本の政治に参加したいなら国籍を捨て、市民権を取るしかないと。

今回のビデオ流出事件は、国民の為に日本の海を常に守ってくれている人がいる
という事実に気付かせてくれた出来事でした。
相手から包丁投げられたこともあるらしいですよね。

そこまでして命がけで日本の海を守ってくれているのに
政治上のしがらみで事実が闇に葬られ、国民が知らずにいるのは
命がけの仕事が茶番にすり替えられるに等しいことだと思います。

リークは職務上処罰されなくてはならないこと。
それも覚悟の上だったことでしょうし、現実に何が起こっているのかを
改めて考えさせられる出来事でした。

この先、どうしようもないことがあってしまったならば・・・

あちらの日本省、または自治区 になるぐらいなら
こちらの51番目の州 の方が納得できるかなと思っています。

日本での報道を知らない、海外からの率直な意見でしたが
最後まで読んでいただいてありがとうございます。

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

長い文章でしたのに読んで頂いたこと、それとコメントをありがとうございます。
それと、そうだったのですかー!と嬉しくもなりました。

リンク先は私も読ませてもらっているサイトで、考えさせられますよね。
彼が言うように「そんな事もあったな」といずれ風化することと思いますが
海でも空でも、北でも南でも似たような事が日々現実に起こってるのだから
このビデオは世界の中の日本の現状を知るきっかけになったと感じてます。
家庭を持つ人達が命がけで国を守り、それを支える家族の不安も相当ですものね。

経済衰退で軍事力メインなA国に対し経済がノリノリなC国、人口は3倍差ですし、ノーベル賞での圧力、南北砲撃での静観状態なC国が台頭に立っていいのか?と、C国への不安要素は多く、それは世界全体が感じてることです。
常識が通じない国に合わせることなく、日本人としての誇りを忘れない。
今私達ができることはそんなことなのかもしれません。

長くなり申し訳ありません。これに懲りずまた遊びにいらしてくださいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/1936-fa579518

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。