スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝負Tシャツ!

2010-11-12 (Fri) 23:59  
昨日はちょいと気合いを入れたく
本日のコーディネイトはコレでした

    2010_1111 温故知新

こんなのダサーと思ったでしょ?(о´∀`о) ニタリ♪
そうなの、私も日本に住んでたらまぁ着ないかと思います(笑)

でもね、こっちでは漢字が入ったTシャツのウケが非常に良いの。
タトゥーで「愛」とか「勇」といった漢字を入れてる人もおりますし
たまーに間違った漢字で痛い人も見かけたり・・ (;´ー`)ノァ´`´`…

あとね、オシャレして出かける方が逆に浮いてしまう片田舎なもんで
たいがいTシャツにパーカーが定番だったりします。

そんな毎日で、このTシャツを選んだのには訳がある。

それは、スピーキングのテストだったから。
しかも私が選んだお題は「アジアの中の日本と中国」。

遠く離れたアメリカだからこそ、話しておかなくてはと感じたからだ。
というのは、こっちの人はアジアの文化がごちゃ混ぜになってるんだもの!

例えば、買い物でレジで言われる「アニョハセヨ~」だったり
彼女に着物をプレゼントしたいんだけど・・・で話を聞けばチャイナドレスだったり
細かいトコで言えば、世界で最も長生きなのは中国人・・・とかね。

面倒な事ですけど、まぜこぜな事はその都度きっちり訂正しています。
その度に英語力不足に頭を悩ませたりしているのですけど・・・

話を本題に戻して・・・

テストでは、ノーベル賞を受賞した中国の民主活動家・劉暁波 氏のお話から
彼が服役している理由、受賞時に中国内で起こった出来事、
中国が与えた受賞後の各国への圧力、そして彼の家族への影響等々・・・

予定時間オーバーのOKを先生からもらっていたので、丁寧に話したよ。
(時間があれば尖閣の話もしてみたかったけど、それは止めました)

天安門事件も知らないクラスメイト。
若い子も多いので仕方がないんですけど、知ってもらえて良かったと思ってる。
事実を知った上で、彼等がどう捉え認識していくかのキーになったようです。

そのことに満足できる程に、ここでのアジアは遠い国。

歴史が長い分、複雑な問題もあったりで彼等は理解しきれかったでしょうが
この四文字を読み、両国がほぼ同じ意味を理解できているはずなのに
何かともめていることが恨めしくもなりました。

○追伸○
先生からは100点もらいましたよ。
勝負Tシャツ、ありがとう

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/1942-ea3e7957

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。