スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴスペルトリックショット

2011-02-04 (Fri) 23:59  
寒波は過ぎ去り、気温も幾分上がってきたものの
外の植物はまだまだ氷漬け

   2011_0204 カチンコチン
天気は良いけど気温は氷点下なので溶けにくいみたい。

午前中、近所に住む姐さんがシャワーを借りにきましたよ。
給湯器が壊れたのかお湯が出ないとのこと。

幸いにして我が家はトラブルはなかったけれど
左のお隣は水が出ない、右のお隣はスプリンクラーが壊れたそうな。

水道局の水道タンクもパイプがごっそりやられてしまったそうで
水の使用制限のお達しが出ている状態で
インフラが落ち着くにはしばらく時間がかかりそうです、トホホ。

お店へ出かける支度の最中に停電になったのよ。
明るい時間帯だしさほど気にせず、さあ出かけようと思ったら、ガビーン・・

ガレージの電動ドアが開かない

これにはお手上げでした
そこまで頭になかったもんなぁ。

で、お店に着いて見つけたのが、こちらのチラシ。

   2011_0204 GTS

2/1にはなかったチラシ、誰も知らなかったこのイベントでしたが(´∀`;)
5時からこのトリックショットショーがあるとのことでちらっと観てきました。

ゴスペルトリックショット って初めて耳にしたのですが
要は、トリックショットで人を惹きつけての布教活動でもあり
聖書で人を惹きつけてのビリヤードの魅力を伝える活動
といった感じ。

お店の入り口脇にある8Ft台を使ってのショーでしたが
教会で本日のイベントを知った家族が訪れたり
入店したお客さんが足を止めそのショットを眺めて賑やかでしたよ。

球を立てながら、自分がJesusを意識した当時の話をしたり
トリックショットのタイトルを引用してそれにまつわる
Godの語りを入れながらショットを披露するのですから
ショーは思った以上に長い構成で、私達が帰る頃で2時間以上が経過。
一体何時に終わったのかが気になります。

語りながら球を立ててそしてショット・・ですからね。
ワンショットに20分以上かかってましたが
ショットの度に見事な拍手や歓声がわき上がってたので
主旨としては充分な内容だったのでは・・と思ってます。

5~12歳程の子供が10人程来ていたのですが(教会経由と思う)
目をキラキラさせてショットを眺めていたのが印象的。

   2011_0204 Steve Lillis ストロークの瞬間はドキドキ。

Steve Lillisさんという、プロの方のショーだったのですが
持っているトリックショットは100程あり、大学のキャンパス等で
活動をしておられるようです。

ここからは宗教には疎い私の主観になりますが
ビリヤードの楽しさや醍醐味を知ってもらえる良い内容と感じました。

手玉を撞いただけで全てのボールがポケットに入る。

子供にしたら興味深く「自分もやってみたい」ってなると思うんだ。
何で?どうして??っていう疑問が絶対あるはずだからね。
(かくいう私もそうだったので 笑)

ビリヤードに対するそんな「好奇心」や「関心」を
子供に知ってもらえる良いきっかけになってるなぁと感じましたよ。

上達するには時間がかかるし、壁も一杯あるけれど
それらが身についた事を実感する嬉しい瞬間は必ずあるし
年齢や性別をさほど問わずに楽しめる競技ですからね。

私は嬉しさよりも壁に打ちのめされてばかりですけど(笑)
それでも面白くて続けられているのですから
こんな風にビリヤードの楽しさを伝えられる方が
羨ましく感じられた一夜でありました

  
関連記事

コメント

そちらは寒波で厳しいようですね。
こちらでもニュースでやっております。

それはそうと宗教とビリヤードを結び付けるとは、アメリカらしい。
無宗教な人が多い日本では、ちょっと結びつかないですよね。
トリックショットも取り入れるのは良い方法だと思います。
知らない人に目を向けてもらうのに、一番良い手段。
単純にスゴイって思わせることが出来ますものね
まあ、これが入るのも「神のお陰」では少し胡散臭くはなってしまいますが…嗚呼。
そのへんは上手くトークするのでしょうねぇ。

それにしても、長いトリックショットショーでしたね(´_`)ゞ

鮫さんへ

うん、最低気温は新記録の-18度で1962年の記録を更新したそうですよ。
本来暑い土地柄なので夏仕様の施設がことごとくやられてしまったみたい。
おかげ様で今夜から水道が普及して明日からやっと学校も再開です♪

だはは~♪「神のお陰」で入るなら私もクリスチャンになりたいと思う~(笑)
日本で袈裟姿のお坊さんがショーをやっても叩かれておしまいでしょうし^^;
これもアメリカならではと思った。Jesusを意識した少年時代はバタフライとか
ストーリー性がある構成も良かった。問題は長いってコトですかね^^;
3時間程やってたらしいんですが、観客は増えるばかりだったそうですよ。

余談ですけどアシスタントのお姉さんがメチャキレイな人だったのも印象的。
ミサンガのプレゼントもあったんだけど、無料でここまでしてもらえると
子供連れで出かけてみようかとも思えますよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/1993-4f872e9d

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。