スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おじいちゃん、おばあちゃんがいなくなった日

2011-05-25 (Wed) 23:59  
ここ最近、大きなトルネードが南部を襲ったりしていますが
我が街はそういった天災とは無縁なエリア。

とはいえ、砂嵐と突風がずっと続いてます。
朝は穏やかなんだけど、夕方から夜にかけての風がひどい。

   2011_0525 我が街

今日、主人の祖母が亡くなりました。

胆嚢炎で先月から入院していて、多臓器不全となったものの
回復に向かっているという話に安心していたので、残念です。

葬儀は心配しなくていいから・・という義母の言葉に甘え
帰国はしません。91歳(5/28訂正) 94歳の大往生でした。

義父の逝去の時もそうだったけれど、死に目にはゆっくり会えない主人です。
(義父の闘病時、私は夜病院に泊まって亡くなる前日まで看病できてたので)

俺はそういう運命なんだ・・と言ってる姿が切なくさせます。

主人の両親も転勤族だったので、お受験の時には
祖母の元で半年ほどお世話になった時期もあるそうで
帰省の折には必ず挨拶で顔を出していました。

去年3月に一時帰国した時にも顔を出していたのですが
それが最後となってしまいました。

私達夫婦にとって、おばあちゃん・おじいちゃんと呼べる人が
これでいなくなってしまったことに寂しい思いがありますが
歴史はこれまでこうして続いてきたんですからね。

おばあちゃん、安らかにお休みください。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/2044-75f7b524

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。