スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正常値に戻って想うこと

2007-10-03 (Wed) 12:24  
書こう書こう・・と思いながら延び延びになってしまいましたが
主人の血液検査の結果が出ました。

前回の健康診断での血液検査で下された
通常の赤血球より形が大きい状態である 大球性高色素性貧血 という結果。

今回の検査結果で数値が正常値に戻るかどうかが、気がかりでしたが
おかげさまで、今回の検査ではクリアすることができました! ゚.+:。(´∀`)゚.+:。

結局、原因は判らず終いでしたが、健康体に戻ってくれてまずは一安心です。 四葉



主人が血液検査で引っかかったのは、実は今回が初めてでした。
バランス重視の食事を心掛けている我が家なので、
どうして貧血になってしまったのか、心当たりも全くないんですよね。

・・・永遠の謎です・・ (笑)

幸いにして主人は、これまで病気一つせずに過ごしてくれています。
職場でインフルエンザが蔓延しようが、びくともしない人。
丈夫に産んでくれた義母に感謝ですね。

義母は身長が150cmしかないので、177cmの主人と並ぶと
小柄な義母がこげな大きな息子を産んだのね~と、ちょっと笑える。

いきなり177cmの主人を産んだ訳じゃあないんだけども! (だったら壮絶過ぎ)
生命の神秘みたいなモンを感じます。(# ̄ー ̄#)ニヤ


結婚して7年目になるんだけど、未だ私は主人を・・

義母から預かっている

という思いで、常々接しています。

預かるというかは、バトンタッチ という表現の方が近いかな。
彼が健やかに過ごせるよう、義母に替わって結婚を機に私に任された と。

これまで義母が大事に育ててきたおかげで、今の主人が存在する。
健康で、穏やかながらも冷静に判断する彼の性格も、義父母ゆずりだ。

だから、結婚生活を続ける中で 主人が調子を崩す ということは
主人は勿論、義父母への申し訳なさで一杯になる。
健康管理も人間関係も、しっかり支えるのが私の職務と思っているから。

なので、正常値に戻ってくれてめっちゃ嬉しい!
少々揺らいだ妻としての自信も、復活したよ~ 薔薇

余談ですが、主人は箸の使い方もきちっ!としている。
この事にも、義父母の躾が行き届いていてることを感じます。

結婚生活では、三度三度の食事を共にするんだから、
箸がきちんと使える人!というのが、私の理想の一つでした。

でもね、主人は箸は上手だけど、
ナイフとフォークは苦手で、ファミレスでも割り箸です。 (/||| ̄▽)/あうぅ

人生何事もバランスよろしく出来てるもんです・・あら・・・

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/208-9578d8a8

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。