スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごはん党にアレンジした、ビーンキャセロール

2011-09-28 (Wed) 22:39  
アメリカに来て美味しいな~と感じたお料理の一つが
ビーンキャセロールで、我が家の定番メニューになっています。

昨日のパーティでレシピを聞かれ、早速虎の巻を作ってみたので
ブログの方にもUPしようと思います。

材料
* Bertolli Mushroom Alfred 1瓶 
* French Style Green Beans 2缶
* 牛乳 100cc
* French Fried Onion お茶碗1杯程
* とろけるチーズ 適量
* ごはんお茶碗 軽く3杯
* 顆粒のコンソメ 適量
* サラダ油、塩胡椒、バター 適量
* グラタン皿
* あればパセリ(トッピング用なので乾燥でも可)

2011_0928 ビーンキャセロール2 2011_0928 ビーンキャセロール3
↑ いんげんの缶詰とフライドオニオンのパッケージ

作り方
1. グリーンビーンをざるにあげて流水ですすぎ、5分程水を切る。
2. 鍋に油をひいて中火でグリーンビーンをささっと炒める。
3. 油がまわったらアルフレッドソースをいれる。
4. ソースが温まってきたら牛乳を加え味をととのえ、10分程弱火で煮る。
5. フライパンでご飯を炒め、コンソメ・塩胡椒で味を整える。
6. グラタン皿表面にバターを塗り、5のごはんを底に薄く広げる。
7. 6のごはんの上に4のソースを流し入れる。
8. とろけるチーズ→フライドオニオン→パセリの順番でトッピング。
9. 350℃のオーブンで15分程、こんがり焼いて出来上がり♪

ここで捕捉を。

オーブンの温度は350℃としていますが
グラタンを焼く温度でOKです。

それと、本場のビーンキャセロールにごはんは入りません。
ですが、ソースが美味しくドリア感覚で楽しめるので
ごはん党の私はさらりとバターライスを引いてこのお料理を作っています。


このお料理の決め手となる、アルフレッドソース。

2011_0928 ビーンキャセロール1

アメリカだと$2程で販売されているのですが
日本で買うとなると700円程になってしまうことを知り、ガビーン!!
瓶入りで重量があるとはいえ、結構なお値段になってますねぇ。

帰国9ヶ月前で早くもやってきた逆カルチャーショック!
円高パワー、どうなってるん???(苦笑)

アルフレッドソースのレシピもいくつかネットにあったので
それを上手にアレンジすることでもっともっと美味し~い
ビーンキャセロールが作れるかもです♪

あーわくわくしてきますね♪


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/2112-a2175dde

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。