スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリゾナへの旅 三日目・ホースシューベンド

2011-12-13 (Tue) 23:59  
悪天候をくぐり抜けて目的地・ページへ到着。
やっと観光モードへ突入です

グレンキャニオンダム・ホースシューベンドを観てきましたが
今日はホースシューベンドのお話です。

まずはページという街から。

この街近隣はナバホインディアン(以下ネイティブアメリカン)の自治区で
幾つかの自然がインディアン居留区として保存されていますが
ページの街はその自治区にはなっていないようです。

手つかずの自然が残る観光地なので
その観光事業・発電所等で生活をする人達が暮らしているのがページとのこと。

アンテロープ近くには白煙をあげる建物があったので、尋ねたところ
これは発電所でネバタ・ニューメキシコ方面へ電力を送っているそうです。

2011_1213 発電所
大自然の中にマッチしない大きな発電所でした。

ホースシューベンド、英語スペルがHorseshoe Bendで
コロラド川が蹄鉄の形に流れている渓谷ですが、見応えありましたよ。

2011_1213 ホースシューベンド1
高さ約305m、高所恐怖症の人には厳しいです(断言!)
へっちゃらな私もお尻がむずむずした位でした。

駐車場前にはこんな看板があって・・・

2011_1213 ホースシューベンド2
足元の岩は安定しているわけではないので、自己責任で・・・。

ここにはトイレ・ゴミ箱もないので
そこも自己責任になります(笑)
(近くにウォルマート等ショッピングエリアがあるので頼りにしましょう)

岸壁近くに行かないと見えない渓谷。
2011_1213 ホースシューベンド3
この案内板にそれがこの先にあるのか~♪と、心躍りましたよ

どどん♪
2011_1214 ホースシューベンド1
これは別の日に撮影した、朝のホースシューベンド。(10時位)
季節にもよりますが、お昼位に行くと日射しがきっちりあたった景色かも。

12月中旬でオフシーズンだったからか
観光客もまばらでゆっくり眺めることができたのがよかった。

だって、こんなことも・・・

2011_1213 ホースシューベンド4
指のケガのことも忘れたかのように、眼下を楽しむ主人。

私?あー絶対無理無理。
主人の方が高い生命保険に入ってますから(笑)


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/2190-b13c83e4

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。