スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Billiards Digest

2012-03-01 (Thu) 23:59  
今日、じーさんからBilliards Digestを借りました。

2012_0301 Billiards Digest
2010年発行分、12冊。友達から1冊$1で購入してきたそうな。

この本の存在は知ってはいたんですが
我が街では売ってないんですよね、何せ片田舎なもので・・

1冊が64ページと薄いながらも内容は濃くて
コラム・試合・ドリル・ビリヤードグッツの広告やランキング、
トッププレイヤーのコラムなんかも面白く読み応えがあります。

アメリカ人は興味のない文章は読まないと聞いているので
無駄のない内容にまとめられているんだなと思いました。

その中で面白いストーリーを目にしたので
そのうちお話させてくださいね。

アメリカの歴史なんかも含む内容なの。
自分が産まれるうんと昔の話だよ。

まだしかと内容を把握しきれてないのもあったりですけど
じーさんからはtake your timeと言ってもらえているので
ここはお言葉に甘えさせてもらいましょうね ( ・´ー・`)プッ

関連記事

コメント

お、スゴイ。
ビリヤードダイジェストですね。
そちらにはビリヤード雑誌がたくさんあるので、うらやましいです。
ほか、インサイドプールマガジンなんかも有名みたいですね。
手前はカスタムキュー特集でしょうか。
垂涎のキューが並んでますね。

日本では専門誌と言えるものは一誌のみ。
それも来月からは隔月になってしまいます。
ブームのときにビリヤードマガジンが出たんですけど、6年ぐらいまえに廃刊になってしまいました。
専門誌が多いってやっぱいいですよね。

鮫さんへ

同感です~。雑誌や本にDVD、以前は月刊の新聞も見かけたことがありましたよ。アメリカは本場だなぁと思わされてしまいます。毎月組まれている特集やコラムも面白いし出てくるメンツが有名どころなので薄い雑誌ながらもディープな一冊になってます。定期購読してればよかった~とちょっと後悔・・(涙)

あ、Cue'sが隔月刊になってしまうのですね、教えてくれてありがとうです。日本だとビリヤードの本はスポーツコーナーにあるけどこっちだとゲームコーナーにあるのでアハハ~となってます^^。楽しめる娯楽として定着してるんですよね、そこにもアメリカらしさを感じさせれてしまいます~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/2272-0522aeae

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。