スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

When boys were boys

2012-03-10 (Sat) 23:59  
先日、じーさんから借りたBilliards Digestの中で
興味をひいた話があったので、今日はそのお話です。

2010年12月のビリヤードダイジェスト掲載の記事より
そのコラムのタイトルが「When boys were boys」。
1916年に行われたビリヤードに関する調査の話が掲載されていました。

この記事に興味を持ったのは、まず同時代の日本との背景の違い。
1800年後半から1900年前半の日本は倒幕運動、そして戦争に揺れた時期。
一方当時のアメリカではもうすでにビリヤードが定着していたようです。

この写真は1883年、オハイオ州・コロンブスにあった
当時最大のプールホール。

2012_0310 1883年最大のプールホール
プールホールはビルの2階。
ネオンのサインがあり、40台のテーブルが設置されていたそうです。
その時代にネオンのサインがあったこと、それも画期的な印象でした。

そして話は1916年のビリヤードに関する調査になるのですが
ここでもまた日本とは異なる背景なんだなぁと気付かされました。

まず、ビリヤードを始めた年齢から。
14歳~が、113名、15歳~が117名、16歳~が126名で以下は下降気味。
早い子は12歳以下からの46名、18歳以上で始めた子はたったの4名という結果。
ビリヤードが当時、いかに身近なものなのかということを実感でした。

そして、ビリヤードをどこで学んだのか?という調査について。
1位がプールホールで169名、2位が友達の家で138名、3位が自宅の66名。
以下、クラブ、YMCA、学校、教会と続きます。

繰り返しますがこれは1916年の調査、なのでそれ以前の1900年前半に
自宅にビリヤード台を持つ家庭が多かったことに驚かされましたよ。

ちなみに当時の日本は、日英同盟・日露戦争であたふたしていた頃で
当時のアメリカの余裕というか日本と異なる背景に国の違いを感じました。

じーさんからの捕捉によると
女性がビリヤード場へ出入りできるようになったのは
1950年代に入ってからだったと思うとのこと。
当時は女性の地位が低く、そういう場所への出入りはできなかったらしい。

そして当時のビリヤードは100%ギャンブル。
コロンブスだけで毎日、15,000~20,000もの人々が
ビリヤードをしていたそうです。

こんな記事を目にすると、今のアメリカでのビリヤード人気は
かげってきていると言われて納得できるなぁと思ってしまいます。

それでも日本に比べれば、アメリカでのビリヤードはまだまだ健在。
誰もが楽しめる娯楽であり、敷居も低い。

過去と現在のビリヤードの話と
日本とアメリカとのビリヤードの歴史にふれて
色々と感じ考えさせられた記事でありました

関連記事

コメント

やはり本場とは歴史が違いますねぇ。
キャロムの父と言われている松山金嶺さんが活躍されたのが大正と昭和の初期。
ポケットビリヤードに至っては、普及したのは戦後だと思います。
なので、そういう意味では最近。

そうそう、専門誌でアメリカンプレイヤーのインタビューを読むと、父親に連れられて行ったって人が多いですね。
で、一発でハマり年齢ごまかして隠れていったとか、そういう類の話を聞きます。
州によっても法律が違うのでしょうが、未成年は入れない場所なんでしょうね。
ましてや女性は敷居が高そう。
今は、だいぶ増えてきたとはいえ、未だにプレイヤーにおける女性の割合は2割もない感じですよね。
こういう何気ない歴史は、とても興味深いです。
紹介ありがとうございましたー。

鮫さんへ

このコラムは当時の時代背景と現在との違いが興味深い内容でした。その時代はプライベートクラブだったので簡単に女性をお断りできたらしいし、そもそも行きたいという人もいなかったらしい。というのも当時はパブリックでの女性の飲酒・喫煙が受け入れられない程に女性の地位が全く低かったから。昔の日本もそうでしたものね、今の時代に生まれてよかったと思ってしまいます^^;

友人も年齢をごまかして15歳から出入りしてたそうですよ、お酒は飲みませんって約束させられたらしい・・そして時は過ぎその彼は今は息子を連れて通っています(笑)長く楽しめる身近な娯楽ですよね、ビリヤードって^^。

オーストラリアに居た頃、閉店するビリヤードのナイトクラブに出掛けたことがあるの。そこは台が24台程ズラリと並び、タキシードを着た年輩の人達が球を撞いてて紳士で優雅な様に感動した思い出があります。かっこよかったですよ、本当に^^!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/2283-2fd7ab96

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。