スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Race to 100

2012-03-29 (Thu) 23:59  
今年2月から ストレートプールをしています。

始めて2ヶ月が過ぎたのですが、なかなか難しいゲームで
それがまた面白くもあり・・といった時間の連続です。

相撞きしてくれているのは、Pitts Special に乗せてくれた
フライトインストラクターのスティーブ。

彼とは毎回、Race to 100で
100点を1ゲームとして遊んでもらっています。

ストレートプールのスコアのつけ方は、そろばんみたいなのがあって
それを使っていたんだよ~と、スティーブ。

お店にはそんなモンないので ☆\(- - ) バシっ!
テーブルについている4つのカウンターを使って
スコアを計算しています。

2012_0329 Race to 100
左にトータルスコア、右には現在のフレームのスコアを。

1フレームの得点は15点。
なので、私の点数+スティーブの点数+テーブル上のボール数=15になればOK。
取り切った後は私の点数+スティーブの点数=14で確認しています。

一番最初のフレームでは、トータルスコアは0なので
ファールでマイナスがあった場合は、マイナス分のコインを置いておくの。
そして、得点からそのマイナスを引いた点数をトータルスコアにします。
2フレーム目からは、ファールはトータルスコアよりマイナスしていきます。

結構、アナログな作業だったりします^^;

ストレートプールの点なんですが
日本語サイトのを読んだけれども、あまり理解できてません。
日本ではどのようなやり方がメジャーなんだろう。
帰ったら勉強しなくてはなりませんね。

当初はダブルスコア負けの連続でしたけど
最近は70点ほどまで追いつけるようになりました。

ラックを壊していく作業、それとキーボールに対しての手玉の出し方が難しい。
クラーッシュ!と言いながらも手玉があさっての方向に行ってばかりです。

思い通りにならない。
くやしいけどそれがまた面白かったりするのがビリヤード。
さぁ、楽しみながら頑張りましょうかね~ ( ^―゜)σσ OH! Yeah!!



関連記事

コメント

こちらでは手書きが一般的だと思います。
昔通っていた球屋で研究会があって、スコアの書き方を習ったのですが、忘れてしまいました(´_`)ゞ

映画ハスラーで、ボードが出てきた記憶があります。
日本も4つ球のボードのある球屋もあったのですが、似たような感じかもしれませんね。
まあ、わかれば良いのでテーブルのダイアルでも問題ないかも。
ファールのマイナスはコインで記憶するんですねぇ。
なるほどー。

それと、こちらの動画参考になりますよ。
http://youtu.be/vtn9gqyq6hc
故・桧山プロがご自分の試合を解説してらっしゃいます。
ブレイクボールにつなげるキーボールの考え方や、保険球の使い方など。
お暇なときにでもどうぞー。

鮫さんへ

私が見たサイトでも手書きでスコアつけてました。セーフがSになって~みたいな感じ。それも面倒ですよね。なのでもうスティーブ式でいいや~みたいになってしまいました^^;。

コインは何にでもよく使いますよ、ブレイク権でのフリップ・クッションの下に置いて勝ちのカウントをしたりしてます。なのでテーブルの周りでコインが落ちてることも多いんですよ。

それと動画もありがとうございます。保険球というのがあるのですね、知らなかったー。なのでとても参考になりそうですよ、どんどん取り入れて頑張らないとです!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/2301-3eea76ae

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。