スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タップが飛んで、考えて・・

2007-11-10 (Sat) 23:07  
昨日、ゲームの途中にタップが飛んでしまった・・。
タップが飛んじゃうなんて初めての体験で、ここでまた色々と考えさせられたよ。

この日も、こうさんと一緒に相撞きをしていたんですが
私がブレイクしてパーン!と球が弾け、テーブル上で球の行く末を見ていた2秒後に近くで「パサッ」っという音がしたんですね。

「パサッ」という音が響いた瞬間、球を追っていた視線は無言な状態のまま
テーブル上の球から こうさんへと目が合い、事態をお互いに理解する・・・

無意識にCueの先端を確認してました、私・・・すると
ないっ!ないない!

タップがなーーーーーーい! =( =`д´= ;)⇒  

こうさんから 「woolさん、タップ飛んだんじゃないですか?」と言われて
以降のゲームは、こうさんのお言葉に甘えブレイクCueを拝借する始末・・。 (lll-ω-)

Cueは自分の分身みたいなモンだから、私は滅多に他人のCueには触れない。
ましてや、他人のCueで球撞くなんて行為はバクバクもんです。
とりあえず、二度断って三度目でお借りすることにしました。

実は、タップが飛んだブレイク用のCueとは、主人用に買ったお手頃Cueでした。

球撞きには全く無関心な主人が、自分用のCueを持ったら、
少しは球撞きに感心を持ってくれるかなーと思ったんですよね。
でもね、主人は球撞きには興味を示さなくて、私としては思惑破れたり!(涙)
ちょい堅のCueゆえ、眠らせておくのももったいないからブレイク用に使ってたのだ。

本来のブレイクCueはやっぱ弾け方が、ハンパじゃないねー!^o^
他人のCueで撞いて改めて感じた、アイテムの違い感・・です。
やっぱり専用のツールは、カバーする能力を持ってるね。

ショットした瞬間のタップは、こんだけすごい衝撃で変形しているそうです。
なので、ブレイクショットはこの映像以上の世界になります。





ちゃんとしたブレイクCueを買うべきかどうか、色々考えました・・。

で、結論!

これからも、タップが飛んだCueを使い続けることに決めました。
理由は、ブレイクCueではないCueを使いこなしていくことで
いずれブレイクCueを持った時に、自分が楽に馴染めるような気がしたから。
使いこなそうとする感覚が、いずれ今後、生きてくるんじゃないかと思ったの。

それに、せっかく家に貰われてきたのに使ってあげないのもかわいそうだもん。
(買った張本人は私だし・・ちょっと責任感じてるしね (^~^;)ゞ)

ちょっと用があってお店へ顔を出した今日、タップのメンテが終わっていたので
早速引き取って帰ってきました。

     New Tip

チョークがまだついていない、まっさらのタップがついたCue。
これからもよろしくね! +.+゚d(´∀`*)

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/248-a586f6f4

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。