スポンサーサイト

-------- (--) --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タラずくしとひろっこ

2008-01-22 (Tue) 23:59  
先日の、タラ半身 の続きになります。

銀ブラも何のその!早速母が台所に立って、さくさくテキパキと
タラを裁いて手料理をご馳走してくれました。

まずは、お約束のタラ鍋。
寒い冬はお鍋に限りますし、和気藹々とした雰囲気にもなれますね♪

     たら鍋

お鍋にしても、まだ余ってしまったので、残りの切り身を
味噌に漬けて朝食に食べました。

     たらの切り身味噌漬け

それとね、これは秋田弁で「ひろっこ」と呼ばれるユリ科ネギ属の食材。
全国的には「ののひろ」と呼ぶみたいです。

      ひろっこ

雪の下の土から、採取されるんだよ~って、母が教えてくれました。
エシャロットみたいな食感で、お酒のお供に最高なのだ♪

お湯で湯がいてから、しっかり水を切ります。
それを酢味噌で和えてみました。(母がね 笑)

      ひろっこの酢味噌和え

酢味噌との相性が抜群なんですが、お味噌汁の具材でも美味しかったの。
煮干しを入れたお鍋でひろっこをゆがき、溶き卵を流し入れた
ひろっこお味噌汁、また一つお料理のレパートリーが広がりました♪
     
お次はこちら。
これは生タラの卵を、ごぼう・糸こんにゃく・人参・ネギと一緒に
炒め煮したものです。これってごはんがすすむので大好きなのだ。

     たらのこっこ炒り煮

充実した夕食・・ せっかくお正月太りを解消したのに
これじゃあまたまた、太ってしまいそう・・(苦笑)

関連記事

コメント

おお、これは美味しそうですな。
身体が温まりそうです。

ののひろは野蒜のことでしょうか。
食べたことないのですが、ユリネみたいなものだろうか…
それと最後の料理ですが、うちの田舎でも同じのあります。
タラの「こっこ」(卵)が入ってるから、「子入り]なんて呼んだりしますねぇ。
大好物です。

鮫さんへ

鮫さん、お返事が遅れてしまってごめんなさいね。

タラ鍋は・・むふふ♪美味しかったっす!
団欒って感じがして、やはりお鍋は最高ですね♪
もうちょっとお料理勉強しなくちゃって思いました(反省)

ののひろは、鮫さんが言われるように「野蒜」って言うみたい。
私は秋田弁の「ひろっこ」としか知らないのが恥ずかしい限りです^^;
食感はネギ系で、ポン酒との相性が良かったですよ♪

タラのコッコ、美味しいですよね~♪
どんぶりで2杯位食べられちゃいそうです(笑)
美味しいお料理に共感頂けて、嬉しくなります♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wooloowin.blog80.fc2.com/tb.php/828-4337f625

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。